特殊清掃を依頼するという状況下では時間に迫られていることが多く、業者から出された見積金額が妥当なのかをゆっくり考えている暇がない場合が多くあります。

今回は、いざという時に正しい判断ができるよう、具体的に特殊清掃作業にいくらぐらいかかるのか、どうしたら特殊清掃の料金をできるだけ抑えることができるのかをまとめました。

目次

特殊清掃とは

特殊清掃とは

日本では、2015年に全国の一人暮らしの65歳以上の高齢者の数が600万人になりました。

2025年には700万人を超えるという将来推計が出ています。

このように一人暮らしをしている状況で突然死をむかえた場合、発見までに時間がかかることがあります。

そうなると遺体の損傷によって部屋に匂いや汚れがつき、通常の清掃作業では処理しきれないないことが多くあります。

また、これは高齢者だけの問題ではなく、一人暮らしの若者や、単身赴任のサラリーマンなど誰にでも起こりえる問題であり、その家族は常に孤独死と向き合わねばならないリスクを抱えていると言えます。

このように孤独死をして発見が遅れてしまった場合には、専門業者による特殊な清掃作業、いわゆる「特殊清掃」を行わなければなりません。

これには作業自体の難しさなどから数十万円以上の高額な費用がかかることもあり、心身の負担とともに経済的にも大変な負担となってきます。

特殊清掃の具体的な料金は?

特殊清掃の具体的な料金

特殊清掃の料金は、現場の状況や、遺体の損傷度合いによって大きく変動します。

このとき、特殊清掃業者をインターネットで検索し、業者のホームページを見ても、多くは以下のように個別作業の最低価格のみを記載し、具体的にトータルでいくらぐらいかかるのかを知ることは困難です。

そこで、いくつかの業者のホームページを確認し、おおよその目安となる料金を以下にまとめました。具体的な特殊清掃の料金を知る上での、参考にしてください。

特殊清掃の料金の目安

項目 費用
基本的な特殊清掃作業 5万円〜50万円
汚物等の撤去 2万円〜25万円
害虫の駆除 1万円〜10万円
消毒 2万円〜20万円

さらに臭いが強い場合は、長時間のオゾン脱臭や、壁や床の張替えも必要になってきてしまいます。

そうなると、上記の相場表の料金だけでは収まらず、追加の料金がかかってきます。

この料金は5万円〜50万円程度と高額であり、トータルでは10万円〜100万円以上もかかることがあります。

料金を抑えて特殊清掃を実施するポイント

料金を抑えて特殊清掃を実施するポイントを伝える男性

では、どのようにすれば特殊清掃をできるだけ料金を抑えて実施することができるのでしょう。

以下に3つのポイントを記載していきます。

料金を抑えるポイント1 – 迅速に動くこと

まず大切なことは、「早期で特殊清掃作業を実施すること」です。

放置されている期間が長ければ長いほど、汚れや匂いが拡大していきます。

それに伴って費用も高額になっていくため、すぐに対応可能な業者を選定することが大切です。

特に匂いについては完全な脱臭に多くの時間がかかります。

遺体から発生した強い匂いを脱臭する場合には、オゾン脱臭機という特殊な機器を使用して脱臭を行なっていきます。

この作業は、人体に有害なオゾンを使っておこなわれるため、脱臭機の使用と換気を繰り返す必要があり、長い場合では1週間以上の時間がかかる場合があります

多くの業者では基本料金に加えて、作業時間と作業員の人数によって料金が上乗せされていくため、長時間の作業では高額な料金となっていきます。

そのためできるだけ迅速な作業完了が、料金を抑える上での大切なポイントとなります。

料金を抑えるポイント2 – 低すぎる料金に注意

次に、あまりにも低料金での見積もりを出す業者には注意が必要です。

これは、矛盾しているようにも聞こえますが、大切なポイントです。

特殊清掃が必要な現場は、どんな状態であっても簡単に終わるような作業ではないため、ある程度の料金はかかってきます。

それにもかかわらず、あまりにも安い料金を提示してくる業者は、作業後に追加料金を請求してくるなどしてトラブルになることもあります

また、最も悪いケースでは、低料金の業者は作業自体がいいかげんなため、匂い等が除去されず、再度の作業が必要になることがあります。

もちろんこのような業者はアフターケアなどしてくれないために、別の業者に再度依頼をしなければならず、料金が2倍かかってくるという結果になります。

最も大切なことは、滞りなく清掃作業が完了することです。安すぎる料金の提示には、十分にご注意ください。

特殊清掃を安心して依頼する方法

特殊清掃を安心して依頼する方法を伝える女性

ここまで特殊清掃の料金を抑えるためのポイントをお伝えしてきましたが、一番大切なことは、信頼できる業者に依頼することです。

初めて依頼する業者であっても、電話対応や、下見の際の言動をしっかりと確認してください。

普段の言動がいいかげんな業者は、特殊清掃作業もいいかげんになることが多くあります。

また、ホームページが複雑で、いろいろな情報が整理されずに表示されている業者にも注意が必要です。

こういったページでは、追加料金などの大切な情報が小さく、分かりにくく表示されていたりする場合があります。

逆に、すっきりとした読みやすいホームページのデザインをしている業者は、お客様に分かりやすい説明をしようと心がけている場合が多く、実際の対応でも誠実である場合が多いです。

特殊清掃を業者に依頼する時には遺品整理ドットコムを利用する

遺品整理ドットコムを利用する主婦

特殊清掃が必要になった場合、悪臭や害虫により周辺住民の方に迷惑を掛けてしまうので「緊急でとにかく早く対処して欲しい!」という要望が多いと思います。

しかし、いくら緊急とはいえ、焦って業者を選んで悪質な業者に依頼してしまっては意味がありません

では、なるべく時間を掛けずに安心できる業者を選ぶためにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは、依頼者さまに最適な特殊清掃業者を紹介するサービスを提供しています。

遺品整理ドットコムに登録されている特殊清掃業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが一社一社面談して厳選しているので安心です。

さらに、遺品整理ドットコムで依頼すれば、24時間以内に対応可能な業者を紹介してくれるのと同時に、お見積もり金額以上の追加請求がないのも安心できるポイントです。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「特殊清掃にかかる料金はいくら?」まとめ

特殊清掃にかかる料金に驚く女性

特殊清掃作業を業者に依頼すると高額になりやすく、トータルで10万円〜100万円もの料金がかかることがあります。

できるだけ特殊清掃の料金を抑えるためには、下記のことに注意しましょう。

  • 迅速に対応をしてもらえる業者を選ぶ
  • 安すぎる料金の提示には注意する
  • 信頼のおける業者を選ぶ

料金を下げることも大切ですが、最も大事なことは滞りなく作業が完了することです。

今後の生活のために、故人との思い出を大切にするために、特殊清掃作業を依頼する際には以上の点をご注意ください。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!