「断捨離」は、ものへの執着を捨てて不要なものを減らすことにより、より穏やかで質の高い生活を手に入れるためのものです。

良いこと尽くめに思える断捨離ですが、実際にやってみた結果、後悔してしまった方も少なくないようです。

せっかく断捨離をするのであれば気持ちよくすっきりしたいですよね。

そこで、断捨離で失敗したくない方のために、具体的にどういったことで後悔してしまったのか、またどうすれば後悔しない断捨離をすることができるのかについてご紹介します。

目次

断捨離で後悔してしまうのはどんな時?

断捨離で後悔

断捨離は、散らかった部屋を片付けたり整理したりということとは違い、不要なものを「捨てる」という行為が大事になってきます。

今現在ある物を、自分にとって本当に必要なものなのかを見極め、不要と判断したものは思い切って捨てることが必要です。

しかし、思い切って捨てた結果、後になって「捨てなければよかった・・・。」と深く後悔する方も少なくありません。

買い換えがきくものであれば対処もできますが、今となっては手に入らないもの、思い出のつまったものなどは、後悔してもしきれないこともあります。

実際に、後で後悔することが怖くて断捨離に踏み込めない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

では、断捨離で「捨てて後悔したもの」とは実際にはどういうものなのか、見ていきましょう。

断捨離で後悔した経験はどんなこと?

実際に断捨離をした結果、捨てて後悔したことがある方の経験談をまとめると、次のような結果になりました。

  • 自分は不用だと思っても家族にとっては大切なものだった
  • 必要なものまで捨ててしまったので、新たに買い直した
  • 使い方を変えれば再利用できるものまで捨てた
  • 今となっては手に入らない、買い直せないものを捨てた
  • 断捨離をしたい気持ちはあるのにものを捨てられず、片づけられない

人によって色々な後悔があるようですが、中でも一番多いのが、「必要なものまで捨ててしまった」ということのようです。

実際に捨てて後悔したのは何?

では、実際に断捨離で何を捨てたら後悔してしまったのか、具体的な内容を見てみましょう。

【断捨離で捨てて後悔したもの】

  • 洋服
  • CD
  • 思い出の品物
  • 雑誌
  • パソコンなどのデータ

後悔した理由としては、「サイズが合わなくなって洋服を捨てたが、またサイズが戻って着られるようになったから」「以前購入した雑誌を捨てたが、プレミアが付いて高額で売れることを知ったから」などがあります。

洋服は買い換えることができますし、雑誌も金銭面で得するチャンスを逃してしまっただけなので、取り返しのつかない後悔というわけではなさそうです。

しかし、思い出の品物やパソコンのデータなどは、もう二度と手に入れることができないものなので、気持ちの面でのダメージも大きいことでしょう。

断捨離は、思い切って捨てることも大切ですが、取り返しのつかない後悔をしなくてもすむように、捨てるときの判断の見極めが大切だといえます。

断捨離をすることは、現在の生活にたくさんのメリットや効果をもらすことは分かっていても、やり方を間違えたり判断ミスをしたりすると、後々大きな後悔を生むことになってしまいます。

そこで、後悔しないためにどのように断捨離を進めていけばいいのか、そのポイントをご紹介します。

断捨離で後悔したくない!上手に進めるポイントとは?

断捨離で後悔しないためのポイント

断捨離で後悔しないためには、どのように進めていけばいいのか、そのポイントは次のとおりです。

  • 断捨離は自分のペースで行う
  • 断捨離のために必要なのは「執着心」を捨てること
  • 貴重品の取り扱いは特に注意を
  • 生前整理業者に依頼するのもおすすめ

断捨離は自分のペースで行う

断捨離の誤った認識として「できるだけたくさんのものを捨てるべき」と思っている方も少なくありません。

それもそのはずで、テレビやネットでは「断捨離でこんなにたくさんのゴミが出ました!」と不要品の量をことさらに強調している場面を多く見かけます。

そういったことから「捨てられるものは全部捨てなければ」という義務感を感じてしまうと、必要なものと不要なものとの分別も正しく出来なくなってしまいます。

また、「ものを捨てられない自分」に対して優柔不断な自分が悪いと、自分自身を責めてしまう方も少なくありません。

「断捨離をしなくては!」と焦ったり、「どうして捨てられないんだろう?」と自分を責めたりしていると、後に後悔するような断捨離になってしまうことが多いようです。

断捨離を行う際は、自分のペースで1つ1つのものと向き合って進めていくようにしましょう。

断捨離のために必要なのは「執着心」を捨てること

断捨離というと、ものをどんどん捨てるというイメージがありますが、実は断捨離で大事なのは不要品を捨てること自体ではなく「ものへの執着心」を捨て去ることともいえます。

前出のよう「断捨離をして後悔した・・・」というような思いは、断捨離に失敗してしまったわけではなく、ものへの執着心によって生まれてくる後悔なのです。

ものへの執着心が無くなると、ものに振り回されることがなくなるため、失敗もポジティブに考えることができ、気持ちが前向きになります。

断捨離で、仮に必要なものまで捨ててしまったとしても、それが必要になったら、その時の自分に合わせたものを新たに選び直せるという楽しみがあるというのも、素敵なことではないでしょうか?

貴重品の取り扱いは特に注意を

断捨離で身の回りのものをどんどん捨てていると、気づかないうちに通帳やキャッシュカードなどの貴重品や、プライバシーに関わる大切なものを一緒に処分してしまうことがあります。

「まさか貴重品を捨てるなんてことはない」とは思っていても、ジャケットの内ポケットやバッグの奥の方などに入れたままにして処分してしまうこともあります。

また、貴重品を1つにまとめておいて、それをどこかにしまい忘れたり、まとめて処分してしまったりするケースも考えられます。

通帳などを捨ててしまうと、手続きなどにも時間がかかりますので、後で後悔しないように、処分する前には中身の確認も怠らないようにしましょう

生前整理業者に依頼するのもおすすめ

>生前整理業者” width=”640″ height=”426″ class=”aligncenter size-full wp-image-1492″ /></p>
<p>断捨離をしたいと思っても、どうしても「物を捨てる」ことができない方もいらっしゃいます。</p>
<p>掃除の仕方が分からない、捨てる勇気が無い、後悔したくない・・・など、悩みは色々だと思いますが、そのような方には、どのように断捨離を進めていけばいいのかを一緒に考え教えてくれる人が必要ですね。</p>
<p>そこでおすすめしたいのが、「<strong>生前整理業者に依頼する</strong>」という方法です。</p>
<p>片付け業者は他にもありますが、生前整理業者は思い出のつまった大切なものを大切に取り扱ってくれるので、気持ちよく依頼することができます。</p>
<p>また、<em>捨てるべきもやそうでないものの区別についてのアドバイスももらええるため、より効率的に断捨離を進めることができます</em>。</p>
<p>業者に依頼する以上、費用はかかりますが、短時間で快適な空間を手に入れることができます。</p>
<p>断捨離をしたいけれどものを捨てられないという方は、自力で行って後に後悔するよりも、片づけのプロに依頼するのもおすすめです。</p>
<h3>生前整理業者に依頼するときには相見積もりを取る</h3>
<p>全国に生前整理業者は<strong>9,000社</strong>あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの<em>悪質な業者</em>がいます。</p>
<p>ここでおすすめしたいのが<strong>相見積もり</strong>を取ることです。相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを取ってもらい、それを比較することです。</p>
<p>しかし、見積もりには生前整理業者の<em>下見が必要</em>になり、その下見には1時間ほどかかります。一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、<strong>3時間</strong>も下見に費やさなくてはなりません。</p>
<p>この相見積もりの問題を解決したのが<em><a href=遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されている生前整理業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

遺品整理ドットコムに問い合わせをしてみる

「断捨離で後悔するのはどんな時?後悔しないためには?」まとめ

断捨離で後悔しないように整理を進める女性

断捨離といって思い浮かぶのは、不要なものをどんどん捨てていく行為です。

しかし、断捨離をする上で大切なのは、自分の気持ちに向き合って、本当に必要なものと不要なものの基準をはっきりとさせることです。

ただやみくもに捨てるだけですと後に後悔することも多く、かといって慎重になり過ぎても断捨離が進みません。

ものを捨てるということはものへの執着を断ち切ることでもあるので、ものに対する考え方を変える必要があります。

しかしこれはたやすいことではないため、焦らずご自分のペースで取り組んでみましょう。

「ものを捨てる」ということにこだわらず、今の自分に必要なものを選ぶ力を養うことも大切です。

大事なものでも捨てるものでも、1つ1つのものとしっかり向き合って判断することが「後悔しない断捨離」につながるのではないでしょうか。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!