不用品回収を利用する時の選択肢は2つです。

  1. 時間と手間はかかるけれど料金を安く抑える
  2. 料金は高いけれど時間と手間はほとんどかからない

どちらを選択するかは不用品回収に出したいものの量や時間的な余裕の有無などにもよりますが、基本的な不用品回収料金の相場をわかった上で判断したいですよね。

それでは不用品回収にかかる料金相場や不用品回収を利用する時の注意点などを見ていきましょう。

目次

不用品回収の料金相場

不用品回収の料金相場を提示する業者

不用品回収には自治体を利用した不用品回収と、民間企業を利用した不用品回収があります。

料金を節約したい人は自治体を、時間を節約したい人は民間企業を利用されるといいでしょう。

自治体を利用する時の料金相場

自治体を利用した不用品回収の料金は地域によって差があります。

東京都練馬区の不用品引き取り料金

品目 料金
ベッド(本体のみ) 1,200円~2,800円
掛け布団 400円
敷き布団 400円
タンス 400円~2,000円
ソファー 800円~2,000円
テーブル 800円~2,000円
1,200円
食器棚 400円~2,000円
収納ケース 400円~2,000円
カーペット 400円~2,000円

お住まいの地域の不用品回収料金は市のホームページなどでご確認下さい。

なお自治体の不用品回収を利用するには回収場所までの運搬を自分で行うことになりますので、できれば人手があるといいですね。

民間企業を利用する時の料金相場

民間企業の不用品回収料金は自治体に比べると高い印象です。

これは人件費や処分費などの諸費がかかるためです。

逆にあまりにも安い料金での不用品回収はきちんとした処分が行われていない可能性もあり注意が必要です。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは買取がメインですが、買取対象にならなかった不用品回収・処分も行っています。

以下の表がリサイクルショップでの不用品回収料金の相場です。

品目 料金
テレビ 2,000円~8,000円
冷蔵庫 4,000円~15,000円
洗濯機 3,000円~8,000円
エアコン 5,000円~15,000円
掃除機 1,000円
炊飯器など小型家電 0円~500円
ベッド(シングル) 5,000円~8,000円
ソファー 2,000円~10,000円
タンス 3,000円~12,000円
テーブル 2,000円~8,000円
椅子 500円~1,000円

引越し業者

引越しと不用品回収を同時に頼めるのが引越し業者です。

業者によっては引越しとセットで依頼すると不用品回収料金が無料や割引になるサービスを行っているところもあります。

ただし料金の相場で見ると個別料金は高く1個当たり5,000円前後が相場です。

引越し業者ごとに不用品回収に関するサービス内容や料金はまちまちですので、見積りの時に担当者によく確認をして利用しましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者の料金相場

不用品回収業者は複数の不用品を一度に処分してもらえるのが魅力です。

不用品回収業者の料金は通常、「基本料金3,000円~5,000円+個別料金+オプション料金」という具合に計算します。

不用品回収の料金は業者任せの色合いが濃い業界ですが、おおよその料金相場は以下の表の通りです。

 品目 料金
テレビ 4,000円~6,000円
洗濯機 5,000円~8,000円
冷蔵庫 5,000円~10,000円
エアコン 3,000円~8,000円
ベッド(本体) 3,000円~6,000円
マットレス 2,000円~5,000円
ソファ 2,000円~5,000円
テーブル 2,000円~5,000円
タンス 3,000円~8,000円

不用品回収積み放題の相場

不用品業者の中には、積み放題やパック料金を設定している不用品回収業者も増えています。

料金としては、下記のような料金相場です。

プラン 料金
軽トラック 10,000円前後
2tトラック 30,000円前後

不用品回収パック料金の相場

不用品回収も部屋の大きさごとのパック料金で行っているところがあります。

下記が料金相場になります。

間取り 料金
1K 30,000円〜40,000円
1K〜1LDK 50,000円〜70,000円
2DK〜2LDK 80,000円〜150,000円
2LDK〜3DK 150,000円〜250,000円
3DK〜3LDK 250,000円~400,000円
ごみ部屋・ごみ屋敷 現地確認後に見積り

なお時間外の作業やエレベーターなしの運搬などで発生するオプション料金の相場は一項目2,000円前後の不用品回収業者が多いようです。

生前整理・遺品整理業者

生前整理や遺品整理はその作業の性質上、不用品回収に出す不用品の仕分けから専門業者に依頼する人が多い傾向にあります。

生前整理や遺品整理の不用品回収料金は一連の仕分け・回収・清掃などの作業料金に組み込まれています。

不用品回収に出すものの量や部屋の広さなどで料金が変わります。

部屋の大きさ 料金相場
1K・1R 35,000円〜130,000円
1DK 35,000円〜150,000円
1LDK・2DK 60,000円〜280,000円
2LDK・3DK 90,000円〜450,000円
3LDK・4DK 150,000円〜700,000円
4LDK・5DK・それ以上 170,000円〜850,000円

不用品回収の料金で注意すべきこと

不用品回収の料金で注意すべきこと

民間企業を利用した不用品回収の料金には相場はあるものの明確な料金の基準は存在しません。

ある意味「言い値」であることから注意しないと高額請求などのトラブルに遭う可能性もあります。

不用品回収を頼む時期はいつがいいか?

不用品回収の繁忙期は12月と引越しの多い3・4月です。

この時期の不用品回収は普段より料金が高くなるとされています。

引越しなどでない場合は繁忙期を避けて利用するといいでしょう。

不用品回収業者の積み放題がわかりづらい?

不用品回収業者の積み放題料金は複数の不用品が出る時にはとても便利です。

しかしながらトラックのサイズ感がわかりづらい面もあります。

軽トラックは1.5畳の広さに高さ1m、2tトラックは3畳の広さに高さ1mの不用品を積めるサイズです。(※)高さが1mまでしか不用品を積めないわけではありません。

最近ではレーザー計測器を用いる業者も多いので不用品の量を正確に測ってもらった上で自分に合うコースを選択しましょう。

悪質な不用品回収業者に気をつけよう

不用品回収を利用する時には不当に高額な料金を請求する業者や、無料回収をうたって街中を走行する廃品回収車に気をつけなくてはいけません。

料金が他と比べてあまりにも安い業者や廃品回収車を使っている業者の多くが自治体の許可・委託を受けていない無許可営業の業者です。

  • 不用品回収を無料で行うように見せかけていざトラックに積んだら料金を請求された
  • 不用品回収は無料だけれど搬出・積み込みは別料金と言われた
  • 不用品を積み込んだ後でキャンセルしたいと言ったら積み下ろし料を請求された
  • 家の近所に不法投棄された

これらのトラブルに遭わないためには、料金体系が明確である・見積りを書面で出す・許可や委託を受けている、などをチェックした上で業者を選びましょう。

また、複数の業者に相見積もりを取って、 料金や業者を見比べてから依頼するようにしましょう

相見積もりを取る時には、遺品整理ドットコムを利用する

遺品整理ドットコムを利用する主婦

「相見積もりを取りましょう」とお伝えしましたが、見積もりには不用品回収業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。

一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されている業者は一般的な不用品回収業者ではなく、遺品整理ドットコムのスタッフが厳選した業者のみになっています。

遺品整理や生前整理といった、不用品回収よりも高度な対応が必要な業務を行っている業者のみをご紹介しておりますので、安心してご依頼いただけます。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

不用品回収のサービス詳細を見てみる

「不用品回収の料金はどれくらい?」まとめ

不用品回収の料金

不用品回収の料金相場についてお伝えしました。

不用品を正しく回収・処分してもらうためにはある程度の料金がかかるのが普通であり、無料や激安料金を強調する業者には警戒した方が良さそうです。

料金相場を把握した上で信用できる業者を選んで不用品回収をしてもらいましょう。

記事を読んで、不用品回収についてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!