家がゴミ屋敷になってしまった場合、大家さんやご近所の方とのトラブルの発生の元となってしまいます。

それだけでなく、不衛生な環境に住み続けることで身体を壊してしまうことになるかもしれません。「部屋の乱れは心の乱れ」という言葉もあるように、身も心も健康でいるためには家の中を整えることが大切です。

しかし、家の中がゴミ屋敷になるほど片付けられない方にとっては、片付けようにもやり方がわからない場合がほとんどでしょう。今回は、ゴミ屋敷を片付ける手順やコツについてご説明します。

目次

ゴミ屋敷を片付ける手順

ゴミ屋敷を片付ける手順を伝える女性

ゴミ屋敷を片付けるようと決心しても、何から始めれば良いのか分からずそのまま日が過ぎてしまう方も多いようです。

その間にもゴミはどんどん溜まっていくので、さらに片付けられないという悪循環にはまってしまうことでしょう。ゴミ屋敷をできるだけスムーズに片付けるために、まずは手順を知りましょう。

ゴミ屋敷を片付ける為に必要なものの準備をする

ゴミ屋敷の片付けは普通の掃除や片付けと違い、大量の不要品がでてきます。

したがって、まずは必要となるものの準備が大切です。ゴミ屋敷の片付けに必要なものをまとめて下に記載しておきます。

  • 軍手
  • マスク
  • ゴミ袋
  • 段ボール
  • 掃除用具
  • 自治体のゴミ分類表

ゴミ屋敷は長期間にわたってゴミが蓄積されており、ホコリやダニなどが発生し不衛生な環境となっています。

したがって、片付けの際には自分の身体を守るためにも軍手やマスクは欠かせません

大量に出るゴミに備えてゴミ袋や段ボール、片付け後に清掃するための雑巾や掃除機などの掃除用具も準備しておきましょう。

自治体のゴミ分類表は、各自治体のホームページからプリントアウトしておくと便利です。ゴミの分類は各自治体によって様々で、不用品の仕分けの際に困る方が多いようです。

大量の不要品を仕分けすることになるので、ゴミ分類表を手元に置いておくことで作業効率はかなり良くなるでしょう。

仕分けスペースを確保する

ゴミ屋敷の片付けを始めるには、まずスペースを確保しましょう。

ゴミ屋敷は足の踏み場もないほど不用品が蓄積していることがほとんどですが、そのような環境で作業を進めると怪我をしてしまうかもしれません。

また、「必要なもの」と「不要なもの」を仕分ける際、ものを移動させる必要が出てきます。

したがって、ある程度のスペースがある方が効率的に作業を進めることができます。まず仕分けスペースを確保するために、最低でも1.5m四方ほどは片付けましょう。

仕分けをする

家の中にある物品を「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けていきます。実は、この仕分けの段階が一番大変です。

なぜなら、他の作業はある程度機械的に進められますが、仕分けにおいては「必要なもの」と「不要なもの」を見極め、捨てるかどうかの判断をしなければならないからです。

生ごみやその他使用済みの生活用品などはゴミとして扱うことができますが、多くのゴミ屋敷では余分な装飾品や衣類、家具などがあふれています。

いわゆる普通のゴミだけでなく、そういった「不要なもの」も処分しておかないと今後また物が増えてしまい、ゴミ屋敷の悪循環からは抜け出せません。

「必要なもの」と「不要なもの」の判断基準は人によって違います。その時々で考えながら判断していくので疲れてしまうかもしれませんが、根気強く進めましょう。

ゴミを処分する

仕分けの段階で出た不用品やゴミを処分します。

ゴミの処分をする際、自治体によって定められた分類方法に従いましょう

また、一度に出せる量が決められていて、定量を超える場合には追加料金がかかる自治体もあるので注意してください。

家具や寝具など大きなものは、粗大ごみとして処分しなければなりません。粗大ごみを処分する際には、自治体に連絡して回収を依頼し、コンビニなどで粗大ごみ処理シールを購入しましょう。

ゴミ屋敷の片付けのコツ

ゴミ屋敷の片付けのコツ

ゴミ屋敷の片付けの手順をご説明しました。基本的には以上の手順でゴミ屋敷を片付けることができますが、実際は大量のゴミを扱うことになるので本当に大変です。

大変な作業になるイメージがあって、片づけたい気持ちはあっても億劫になってしまう人も多いでしょう。ここでは、ゴミ屋敷の片付けが少しでも楽になるように、片付けのコツをご説明します。

一気にやってしまう

ゴミ屋敷の片付けは、思い立ったら一気にやってしまいましょう

「今日中に終えよう」や「2日間で片付ける」など、片付けを終えるための目標を具体的に立てておいた方が良いです。

ゴミ屋敷ともなると、普通の家を片付ける時とは違い計画を立てる必要があります。片付けのゴールを決めておくことで、それを達成するための計画もスムーズに立てることができるでしょう。

そもそも、ゴミ屋敷のような環境になってしまうに至ったのは、掃除や片付けを先延ばしにした結果ともいえるのではないでしょうか。

その環境を改善するには、先延ばしにせずに一気にやりきらなければいけません。大変な作業ですが、気合を入れて頑張りましょう!

ゴミの分類ごとに箱を作る

ゴミ屋敷の片付けを進めていくなかで、大量のゴミを分類することになります。

ビニール袋にゴミを入れていくのも良いのですが、ビニール袋だと一見してどの分類のゴミか分からなくなってしまいます。

そこで、「燃えるゴミ」や「資源ごみ」など分類ごとに箱を用意しておくことで、スムーズに作業を進めることができます

「必要なもの」と「不要なもの」を分ける箱を作る

生ゴミなどのいわゆる普通のゴミではなく、余分な家具や装飾品の処分をするには、「必要なもの」と「不要なもの」を分けるための箱を用意しましょう。

「これはまだ使えるな」など、迷いが生まれることもありますが、基本的には捨てる意識を持って判断しましょう。

あらかじめ「必要なものとして残すのは段ボール3箱まで」などと決めておくと良いかもしれません。

また、1年以上使っていないものは捨てるといった自分の中の判断基準を決めておき、できるだけ機械的に判断できるようにしておきましょう。

「保留箱」を作る

先ほど「必要なもの」と「不要なもの」を分けることについてご説明しましたが、思い入れのあるものや片付けのなかで価値を再認識したものなど判断に困ることもあるでしょう。

それに備えて、3つめの選択肢として「保留箱」を用意しておくことをおすすめします。

大量の物品を仕分けしなければならない中で、ひとつひとつを判断するのに多くの時間は掛けられません。

1分以上迷うような場合は「保留箱」に仕分けておくのが良いでしょう。ただし、先ほどもお伝えしたように基本的には捨てる意識で臨むのが大切です。

ほとんど保留にしてしまっては仕分けの意味がありませんよね。「保留箱は段ボール1箱まで」など、保留にする量についてもあらかじめ決めておきましょう。

1スペースずつ片付けていく

片付け中の箱

ゴミ屋敷の片付けを効率良く進めるには、1スペースずつ確実に片付けていきましょう。まずは部屋を片付けて、その後にリビングを片付けるといった計画を立てることが大切です。

まんべんなくいろんな箇所を片付けていった方が良いようなイメージもありますが、結果的に集中力が維持できなかったり、いろんな場所に移動することによって疲れてしまうことになります。

片付けに時間が掛かってしまう人の特徴として、片付けが中途半端なままいろんな箇所に手をつけるといったことがあるようです。片付けるスペースを決めて、着実に作業を進めていきましょう。

粗大ゴミは優先的に捨てる

粗大ゴミは自治体に回収を依頼することになりますが、自治体によっては1ヵ月に1回しか回収日が無いということもあります。処分を決めてから1ヵ月待たなければならないとなると作業が進みませんよね。

また、家具やベッドなど大きな不用品を早い段階で処分できれば、ゴミ屋敷の片付けをするにあたって大切なスペースの確保がスムーズにできることになります。

目につくものから捨てる

「どこから手をつけたら良いか分からない」という場合は、片付けのとっかかりとして目につくものから捨てましょう

片付けられない人は、片付けによる成功体験を得ることが大切です。

目につくものを捨てるだけで、部屋の景色は多少なりとも変わるはずです。当たり前のことかもしれませんが、「片付けたら部屋がすっきりする」という実感を得ることでモチベーションも上がるものです。

片付けを始める際や、進めていく中で次に作業する箇所に迷った際には、目につくものから捨てるようにしましょう。

家族や友人に手伝ってもらう

ゴミ屋敷の片付けは、ご自身にとって大変な負担となります。

できるだけ人手を増やせるように、家族や友人に手伝ってもらえるようお願いしましょう。1人に手伝ってもらうだけでも、単純に作業効率は2倍になりますよね。

家族や友人に手伝ってもらうことは「必要なもの」と「不要なもの」を仕分ける際にもメリットがあります。

「必要なもの」と「不要なもの」の仕分けをする際に迷いが生まれる原因として、ご自身の感情が入ってしまうことが挙げられます。

「今は使ってないけど、昔は気に入っていたな」や「これはまだ使えるな」という判断は、ご自身の主観が大きく入ってしまいますが、第3者の視点でみれば不要品にしか見えない場合もあります

もちろん最終的に判断するのはご自身ですが、判断に迷った際には第3者の意見も参考にすると良いのではないでしょうか。

業者に依頼する

家族や友人に手伝ってもらうのが理想的ではありますが、家の中というプライベートなところを見られるのに抵抗のある方もいらっしゃることでしょう。そのような場合には業者に依頼することをおすすめします。

ゴミ屋敷の片付けを専門とする業者もあります。ゴミ屋敷のプロにお任せすることで大幅に負担を軽減できますし、アフターフォローとして定期的に連絡してくれる業者もあるようです。

ゴミ屋敷清掃業者に依頼するときには相見積もりを取る

遺品整理ドットコムを利用する主婦

全国にゴミ屋敷清掃業者は数多くあります。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

ここでおすすめしたいのが相見積もりを取ることです。相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを取ってもらい、それを比較することです。

しかし、見積もりにはゴミ屋敷清掃業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されているゴミ屋敷清掃業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

ゴミ屋敷の片付け〜亡くなった親御さんの家だった場合〜

亡くなった親御さんの家がゴミ屋敷だった場合

核家族化が進み、親から独立して離れた土地で生活する人も多いです。親御さんが亡くなられた後、遺品整理をするために家を訪れるとゴミ屋敷になっていたなんてことがあれば、その後の片付けは大変なものでしょう

高齢者は体力や気力の低下から、片付けや掃除が困難となり結果的に家の中がゴミ屋敷のような状況になることも考えられることです。

故人の「ゴミ屋敷」の片付けは大変!

故人の家がゴミ屋敷になっていた場合の片付けは、ご自身の家を片付けるよりも負担の大きいものとなります。

なぜなら、ご自身の家の場合は大型家具は引き続き使用することが多いですが、故人の家の場合は「形見分け」しない限りはほとんど処分しなければならないからです。

それがゴミ屋敷であった場合には、最悪の場合すべての物品を捨てることになるかもしれません。家の中にあるものをすべて運び出して処分するとなれば、ご遺族やご親類のお手伝いがあったとしても相当な負担になります。

また、ゴミ屋敷の片付けの中で一番大変な作業といえる仕分けは、ご自身の物品であればご自身で「必要なもの」と「不要なもの」の判断ができます。

しかし、故人の物品であれば故人の思いを考えたり、物品の価値が分からないために仕分けの判断がとても困難となります

故人の家が持ち家の場合は別ですが、賃貸住宅の場合はご遺族が退去手続きや葬儀の手続き、その他各種書類の作成などを行わなければなりません。

慌ただしい作業に追われる中でゴミ屋敷の片付けも並行して行うことになります。ご遺族の負担はとても大きなものとなるでしょう。

とてもご遺族だけで対応できる範囲の負担ではないので、そのような場合は遺品整理業者を利用しましょう。

「ゴミ屋を片付けるコツと手順は?」まとめ

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する

今回はゴミ屋敷の片付けの手順やコツについてお話してきました。

ゴミ屋敷を片付けるには大変な労力が必要ですが、今回の記事を参考にできるだけスムーズに片付けが進むよう願っております。

片付けは決して楽とはいえず頑張らなければなりませんが、頑張ることと無理をすることは違います。

一人で片付けるのは無理だと判断した際には、業者も活用し安全で負担の少ない方法をとりましょう

ここまで読んで、ごみ屋敷の片付けなどに興味の持った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!