最近では、「終活」という言葉も普通に聞く言葉になってきたように感じます。「終活」という言葉にどんなイメージがありますか?

「人生の終わりを迎えるために準備をしておく」という方が多いのではないかと思います。

もちろん、自分が亡くなったあとに家族に負担をかけないために準備をしようと思う人も多いと思いますが、「終活」とは、今生きている人生を後悔しないために「人生の終わり」を考えておくということでもあるのです。

しかし、具体的に何をしたらよいかよくわからない人もいるのではないでしょうか?

今回は、「終活」についてアドバイスができる資格について詳しくご紹介します!

目次

「終活」に関する資格とは?

終活の資格を調べる人

「終活」に関する資格は、いくつかあります。

その目的は、人生の後半を自分らしく生き、納得がいく形で締めくくるためにどんな準備をすればよいのか?「まだ不安に思うこと」や「自分の悩みは誰に相談したらよいのか」などのアドバイスや、準備のために具体的に何をすればよいか、またその方法などを教えることができる資格となっています。

では、「終活」に関する資格にはどんな種類があり、どんな内容なのか見ていきましょう。

「終活」に関する資格と種類

終活の資格の勉強

「終活」に関する資格は次の5つがあります。

  1. 終活カウンセラー 
  2. 終活アドバイザー 
  3. 終活ライフケアプランナー
  4. 終活士 
  5. 終活診断士 

これらの資格について詳しくみていきましょう。

「終活カウンセラー」について

「終活カウンセラー」とは、一般社団法人終活カウンセラー協会が認定している資格です。

終活に関する抽象的な悩みの内容を見極め、どの分野の専門家に相談すればよいかということをアドバイスすることができるようになります。

「相続」「遺言」「保険」「葬儀」「墓」「介護」「健康」などの分野の知識を学び、相談者が何に困っているのか?何をしたいのかを見極めるために、話を聴くということが仕事になります。

「終活カウンセラー」の資格の3つの種類

  • 「初級終活カウンセラー」
  • 「上級終活カウンセラー」
  • 「終活カウンセラー上級インストラクター」

初級終活カウンセラー

「初級終活カウンセラー」は、終活に関しての基礎知識を学び、自分でエンディングノートが書けるようになる知識です。

受験を申し込むと、練習問題付きのテキストが送られてくるので、当日まで勉強をします。その後、6時間の講習を受け受験します。

  • 受験料:9,970円(税込)(講習代、試験代込み、お弁当付き)
  • 認定料:会員登録料 月380円(年払4,560円)※試験合格後、会員登録が必要です。

上級終活カウンセラー

「上級終活カウンセラー」は他の人にエンディングノートを書くアドバイスができる知識とスキルを身に付けます。

初級終活カウンセラーに合格後、終活カウンセラー会員としてその年の協会が開催する勉強会に1回以上参加したことがある人のみが受験することができます。

事前にレポートを提出し、講習を1日受講します。そのあと課題に取り組み、試験を受けます。

  • 受講料:39,960円(税込)(講習料、試験代、お弁当付)
  • 別途事前審査費用 2,160円

終活カウンセラー上級インストラクター

終活カウンセラーを育てる講師になるための資格です。

上級終活カウンセラー合格者で、協会が開催する勉強会に年間2回受講した人が申し込むことができます。

事前にレポートを提出し、講習を4日受講します。そのあと課題に取り組み、試験を受けます。

  • 受講料:200,000円(税込)(講習代、事前審査代、試験代、弁当代込)

「終活アドバイザー」について

終活の資格を持つ女性

終活アドバイザー協会が認定している資格です。

「終活」の専門家として、終活をしている人にアドバイスや、自分自身の終活のために終活に関する知識とエンディングノートの活用法を学びます。

終活アドバイザーが学習する内容

  • お金・金融資産・不動産
  • 公的年金・公的介護保険、年金
  • 高齢期の医療や介護
  • お葬式やお墓の知識
  • エンディングノートについて
  • 資産や物の整理
  • 成年後見制度
  • 高齢者施設
  • 相続

取得方法

ユーキャンの「終活アドバイザー」講座を受講します。

そのご講座修了試験として受験します。

試験は自宅で受検することができます。

合格後、終活アドバイザー協会に登録申請を行い、協会に入会することで資格を取得することができます。

取得にかかる費用

  • 講座受講料:35,000円
  • 協会の入会金:4,000円、年会費6,000円

「終活ライフケアプランナー」について

一般社団法人日本能力開発推進協会 (JADP)が認定している資格です。

「相続」「遺言」「保険」「葬儀」「お墓」「介護」など本人やご家族がどの分野で悩んでいるのかを判断し、専門家と相談者の架け橋をする仕事です。

デリケートな部分を扱う仕事になりますので、心理学やカウンセリングまたコーチングなどのスキルも必要になります。

保険、葬儀などの仕事をしている方や相続などの仕事をしている法律家の人はもちろんですが、自分自身や家族のために受講することもおすすめです。

取得方法

キャリアカレッジジャパンの「終活ライフケアプランナー」講座を受講します。

受講修了後、随時自宅で受験します。得点率70%以上で合格となります。

取得にかかる費用

  • 講座受講料:37,000円(※インターネットからの申し込みの場合は、27,000円になります)
  • 受験料:5,600円

終活士について

日本終活士協会が認定している資格です。

的確に終活が行えるように、専門家(税理士、弁護士、司法書士、ファイナンシャルプランナーなど)及び各専門業者(葬儀関係、介護関係、医療関係)と連携し、指導や相談になることができるようになります。

取得方法

日本終活士協会のホームページまたは終活士支援ネットから講座を申し込みます。

講座には、通学(東京、大阪、福岡)、通信講座、DVD講座があります。

受講料

開催日によって受講内容が変わるため、受講料がその都度変わっているようです。

web講座の配信は期間限定で年に何回か開催という形式のようですので、詳しくは日本終活士協会のホームページまたは相続士支援ネットのホームページで開催期間と申し込み期間などを確認してください。

「終活診断士について」について

終活の資格を持つ男性

一般社団法人日本クオリティオブライフ協会が認定している資格です。

次のようなカリキュラムをe-Learningに申し込み、学習します。

役割

  • 終活についての広い知識を持つ
  • 対人援助のルールについて
  • 老いに対する理解

マネー

  • 老齢期に必要とされる一人当たりの資金
  • 生活設計、財産の運用
  • 相続の準備

カラダ

  • 運動・内蔵・認知機能の低下
  • 健康寿命の延長

ケア

  • 介護が必要なとき
  • 終末医療
  • 尊厳死、看取り

終活概論

  • 生活者が求める終活とは
  • 終活を取り巻く環境
  • 終活をビジネスとして取り組む上での倫理観について

ルール

  • 生前に関するルール
  • 相続法、遺言作成
  • 後見制度、死後の手続き
  • 死後に関するルール
  • 終活診断士としてのルール

ココロ

  • ココロとは
  • 老齢期のココロの問題
  • ココロの栄養

供養

  • 遺骨の処理、グリーフケアとしての葬儀(※グリーフケアとは・・・身近な人との死別を経験し、悲嘆に暮れる人をそばで支援し、悲しみから立ち直れるようにすること。)
  • お墓
  • 宗教

受講後、自宅でweb上から試験を受けます。試験合格後、協会に必要書類を提出すると資格が認定されます。

  • 受講料:e-ラーニング受講料35,000円+税

「終活」に含まれる事柄とは?

終活の資格エンディングノートを持つ人

資格を取得するための学習内容を詳しくみていると、かなり専門的な知識を勉強しなければならないことがわかります。

もちろん、終活についてのアドバイスをする資格なので、実際に法律的な業務やまた医療、介護などを直接行うわけではありません。

しかしながら、どの専門家に相談したらよいかというアドバイスをするためには、どの専門家がどんなことをしているのかを知っておく必要があるからなのです。

では、資格を持った人が相談、アドバイスをする「終活」に含まれる事柄とは実際にどんなことがあるのでしょうか?

生前整理

終活の資格を持つ遺品整理業者

生前整理とは、生きているうちに身の回りの整理をすることです。生前整理の役割として、以下の2つがあります。

  • 遺族の負担を減らす
  • 残りの人生をよりよく生きるための手助け

この様に生前整理をすることは、残される家族のためにも、残りの人生をよりよく生きる自分のためにもなるのです。

生前整理では、財産の整理・家の整理・エンディングノートの作成・遺言書の作成をします。

家の整理では、重いものや大きなものを運ぶこともあります。

しかし、足腰が悪い方にとってそれは非常に困難な作業です。

そんな時には、業者に依頼するといいでしょう。

遺品整理業者では生前整理もやっているところが多いです。そして、業者に依頼する前にやっておくといいことは、複数の業者から見積もりをもらうことです。

複数の業者から見積もりをもらうことは、1つの業者からしか見積もりをもらわないことよりも手間がかかります。なぜなら、業者から見積もり書をもらうには、以下の手順が必要だからです。

業者から見積もり書をもらうための手順

  1. 遺品整理業者に連絡
  2. 下見日時の調整
  3. 下見に来てもらう
  4. 見積書をもらう

複数の見積もりをもらうということは、この作業を複数回行わないといけないことになります。

そこで、1つの業者からしか見積もり書をもらわないときと同じ手間で複数の業者から見積書をもらう方法をご紹介いたします。

「遺品整理ドットコム」というサービスに申し込めば、以下の手順で複数社から見積書をもらうことが出来るのです。

生前整理のサービス詳細を見てみる

遺品整理ドットコムを利用して複数社から見積書をもらう手順

  1. 「遺品整理ドットコム」で申し込み
  2. 下見日時の調整
  3. 下見に来てもらう
  4. 複数社からの見積書がメール又は郵送で送られてくる

この流れで複数の見積書を手に入れたら、そのまま条件が合う業者を選んで業務を依頼出来るのです。

「遺品整理ドットコム」は無料で利用いただけます。

お金の整理

お金と整理として最初に考えられることは、財産の管理相続の問題などがあるでしょう。

他にも定年退職後の生活費など、人生の後半を自分らしく生きるための生活にかかわる相談もすることができるのです。

相続、後見人制度について

遺産などで家族が争いを起こさないために、法的な効力を持つ遺言書について相談することができます。

遺言書とは残された家族に対しての「最期の思いやり」と考えられています。

後見人制度とは、平成12年4月1日よりスタートしました。

これは、認知症なので判断能力が不十分になってしまった場合、人権を守り、最期まで尊厳を持つことを目的として作られた制度です。

後見人は、財産の管理や、介護などのサービス、施設への入所に関する契約を結ぶなどの権利が与えられます。

最近では、高齢者をターゲットにした悪徳業者により高額商品を売りつけられる被害が多発しています。

後見人制度は、こういった被害からも高齢者を守ることができるのです。

相続税対策も必要になります。

相続税の支払いのために多額の現金が必要となり、先祖からの土地を売却しなければいけなくなったなどという話がよくあります。

こういった相談も事前にしておくことで、残された家族を守ることができますね。

葬儀、お墓について

終活の資格お墓を選ぶ

現在では、生前見積りといって葬儀のプランを事前に決めておく方が増えてきました。

家族から生前見積もりの話をすることは難しい場合もありますので、こういった相談をしておくことも重要なのではないでしょうか?

葬儀のプランや支払い方法、生命保険の内容や契約書の保管場所などを家族に知らせておくことや、元気なうちに遺影の写真を決めて、その写真の場所なども家族と共有しておくことも必要です。

また、自分の訃報を知らせて欲しい人(呼んでほしくない人)をリストアップしておくことで、残された家族がスムーズに連絡を取ることができます。

医療、介護について

もし、介護などが必要になった場合、自分の既往歴やかかりつけの病院などの情報や、介護施設などのことも調べる必要があります。こういったことも事前に準備しておくことで、スムーズに手続きを行うことができるのです。

エンディングノートについて

エンディングノートとは、家族に知らせておきたいことをまとめておくノートのことです。

自分のこれまでの人生の歩み、家系図、家族との思い出の写真や家族と出会う前の自分の写真などをまとめる、また、家族や友人へのメッセージなど内容はひとそれぞれです。

財産の管理や葬儀に呼びたい人のリストなども記載しておきます。

このような内容も一人でまとめるのは大変です。

エンディングノートのまとめ方のアドバイスも受けることができます。

セカンドライフについて

医療などの進歩により、日本人の平均寿命は増えてきています。

定年退職後も自分らしく充実した日々を送るためのアドバイスを受けることができます。

また、退職後の生活費などもアドバイスを受けることができますので、退職前に理想の生活を計画しておくことで、早めに準備を進めておくことができます。

「終活」のアドバイスをする資格を持つ人がなぜ必要なのか?

終活の資格を持つ人

「終活」に含まれる事柄とは?の項目に記載したとおり、自分が人生の終わりを迎えたとき、家族が行わなければならないことはたくさんあります。

しかし、「死」ということが背景にあるため、事前に家族と話しをしているという人は、多くないのではないでしょうか?

いざ、そのときを迎えたとき、このような内容を家族と共有していない場合、葬儀までの限られた時間で様々な準備を進めなければなりません。

葬儀のあとも、さまざまな手続きも行わなくてはなりません。事前に準備をしておくことは、家族の負担を減らすことはもちろんですが、人生最期の瞬間まで自分の望みどおりにすることもできるのです。

また、終活は決して自分の葬儀にまつわる内容の取り決めをしておくことだけではないのです。

退職後のセカンドライフの計画や万が一認知症になってしまった場合、自分を守る方法を自分で決めておくことができるのです。

しかしながら、その内容は多岐にわたるため自分ひとりで行うには難しいでしょう。

どの項目を誰に相談したらよいかの判断や何をしておくべきなのかそれさえもわからないという人がほとんどではないかと思います。

このようなときに、それぞれの専門家に橋渡しの役目をするのが「終活」に関する資格を持った人なのです。

「終活の資格、その種類と内容とは」まとめ

終活の資格を持つ人たち

「終活」に関する資格は、資格を認定している団体により名称は異なりますが、学ぶ内容は似ています。

費用や日数など、その団体によりかなり金額に違いがありますので、資格を取得する場合は自分にあった団体を選ぶことが必要になるでしょう。

現在、高齢者の人口が増えるのと同時に高齢者のみの世帯も増加しています。

いざというとき家族がなにもわからなかったという人もますます増えています。そのようなことを防ぐために「終活」をしておこうという人も増えてきました。

「終活」という言葉は、普通に聞くようになりましたが、その内容まで把握している人はそんなにいないのではないでしょうか?内容も多岐にわたり、また専門家に相談しなくてはできないこともたくさんあります。

「終活」をしておきたい人と「終活」に関する専門家を結ぶ役目が「終活」のアドバイスができる資格です。

これから、このような資格を持った人の需要は、ますます増えていくのではないでしょうか?

さらに終活について知りたい方は、「終活とは何か?」をチェックしてみてください。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!