今回は遺品整理の料金相場について徹底的に解剖したいと思います!

安心・安全、でも少しでもお得に遺品整理を依頼できるような方法は誰でも知りたいものですよね!

料金が「安いから」という理由だけで遺品整理業者を選ぶとトラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

遺品整理の料金相場を知ることで、トラブルに巻き込まれることなく遺品整理を実施することが可能ですので、しっかり学んでおきましょう。

目次

遺品整理の料金相場

遺品整理の費用・料金相場を示す女性

遺品整理の料金相場表

遺品整理の料金相場は、遺品整理をする部屋や家の大きさに比例して高くなっていきます

これは、部屋や家の大きさが大きくなればなるほど、遺品整理をする面積が大きくなり、結果としてその分作業要員やトラックが多く必要となるからです。

下記が部屋の大きさ毎の遺品整理料金相場になります。

部屋の大きさ 料金相場
1K・1R 35,000円〜130,000円
1DK 35,000円〜150,000円
1LDK・2DK 60,000円〜280,000円
2LDK・3DK 90,000円〜450,000円
3LDK・4DK 150,000円〜700,000円
4LDK・5DK・それ以上 170,000円〜850,000円

遺品整理の料金相場は、このように料金の幅が存在しています

この理由は、処分する遺品の量や遺品の搬出経路、部屋・家の階数、エレベーターの有無、トラック車両を駐車できる場所の有無などによって、料金が変動するからです。

また、「明日やってほしい!」といった急な対応の場合には、遺品整理業者によっては別途料金が必要なときもあります。

また、上記の項目以外にも、「ゴミ屋敷のように普通では考えられない大量の遺品がある」「孤独死や自殺などの事故現場で特殊清掃が必要になる」などの特別な理由があると、上記の遺品整理の料金相場を大きく超えることになります。

遺品整理料金の支払い方法

従来の遺品整理業者であれば、遺品整理の料金の支払い方法は、作業日当日の現金払いです。

請求書での後日支払いを可能にしているところもありますが、料金の未払いを恐れて、作業日当日の現金払いを進めてくる遺品整理業者が多いでしょう。

とはいえ、大金を現金で持ち運ぶのは心配・・・という依頼者からの声があるのは事実です。

そこで、最近は料金の支払いをクレジットカードで可能にしている遺品整理業者が多くなっています。

クレジットカードであれば、カード限度額があるものの、高額な料金の支払いだったとしても分割払いにしたりできるので便利です。

遺品整理の料金を少しでも抑えるには?

遺品整理の費用・料金を少しでも抑える

ここでは少しでも遺品整理の料金を抑える方法を2つ紹介したいと思います。賢く遺品整理を行って、料金を削減するように努力しましょう。

遺品整理の前に自分たちで少し片付けておく

遺品整理の料金相場のところで、遺品整理の料金相場は基本的に部屋・家の大きさに比例して高くなると説明しました。

とはいえ、同じ部屋の案件であれば、遺品整理をする物量が少なければ少ないほど、料金は安くなります。

遺品整理業者に依頼する前に、まずできるところまでは自分たちで片付けておくと、その分遺品整理の料金を抑えて依頼することが可能になります。

ただし、ただ単に片付けをするだけでは勿体ありません。もし事前に遺品整理をできるのであれば、自分たちで売れるものは売ってしまうようにしましょう。

古本や家電製品、衣類などは状態が悪くなければリサイクルショップなどで売ることができます。

相続の問題もあるので、換金したら片付けた人がポケットに入れる・・・という風にはできないこともありますが、捨てるよりは売って換金した方が賢い選択になります。

もし遺品整理の前に自分たちで片付けることができるならば、「売る」という選択肢も是非検討してみてください。

関連記事:遺品整理を自分で行う場合について詳しく知りたい方はこちら
遺品整理を自分でする時の3つのポイント

遺品の買取をしてもらう

遺品整理業者のなかには、遺品を買い取ってくれるところがあります。遺品整理業者に買い取ってもらうことで、その分遺品整理の料金を安くしてもらうことができるのです。

先ほど「自分たちで売る」という提案をいたしましたが、売る遺品の量が多ければ多いほど、その分手間がかかってきます。

重い家電製品を部屋や家から運び出し、車に乗せてリサイクルショップに行き、そこで下ろして査定してもらう・・・という作業をするのが大変という人もいるはずです。

また、もし複数のリサイクルショップに行って相見積もりを取る場合には、何度も先ほどの作業を繰り返さなければなりません。

そういった面倒な手間を省きたい場合に、依頼した遺品整理業者に買い取ってもらうのです。

自分で売りに行くよりも買取価格が安くなってしまうかもしれませんが、自分自身が時間をかけて売りに行く手間賃が引かれていると考えれば、納得できるのではないでしょうか。

ちなみに、中古のものを買い取って利益を出すことを生業としている人は「古物商」という免許が必要になります。これを所持せずに買い取る行為は違法になっています。

もし依頼した遺品整理業者が買い取ってくれるということになった際には、「古物商」を持っているかを確認してからがいいでしょう。

関連記事:遺品を買取してもらうコツを詳しく知りたい方はこちら
遺品を買取してもらう時のコツと注意点

地元のクリーンセンターに持ち込む

地元のクリーンセンターに持ち込む

遺品整理の料金は、「人件費」「処分料金」が大きな要素を占めます。

その中で遺品整理を依頼する人がコントロールできる要素があります。それが、「処分料金」なのです。

市町村区によって対応が異なるので問い合わせてみる必要がありますが、片付ける場所の市町村区のクリーンセンターに持ち込む方法を取ることで、処分料金をかなり抑えることができます

これまでのケースでは、「最大で処分料金が半分になった!」というものがあります。

注意しなければいけないのは、持ち込めるクリーンセンターは、片付ける場所がある市町村区であるという点です。

例えば片付ける場所が千葉県千葉市で、自分が東京都渋谷区に住んでいる場合、持ち込めるクリーンセンターは千葉県千葉市のクリーンセンターです。

また、千葉県千葉市のクリーンセンターに持ち込めるのは、「千葉県千葉市に住んでいる人だけ」という点も注意です。

つまり、東京都渋谷区に住んでいる人は、千葉県千葉市のクリーンセンターには持ち込めないということです。

殆どのクリーンセンターでは、持ち込んだ際に本人確認書類の提示が求められます。

したがって、片付ける地域に住んでいる人がクリーンセンターに行く必要があるのです。

自分でクリーンセンターに持ち込む

クリーンセンターに持ち込むのは、2つの方法があります。

自分たちである程度片付けて、自分たちでクリーンセンターに持ち込むケース。もう一つが、業者に片付けてもらって、業者と一緒にクリーンセンターに持ち込むケースです。

自分たちでクリーンセンターに持ち込む場合には、処分する遺品を運ぶ車などを別途用意する必要があります。

また、処分する遺品を車に載せたり、降ろしたりするのは自分たちです。

料金はかなり抑えられますが、自分たちですべてを行わなければいけないのがデメリットです。

業者に依頼してクリーンセンターに持ち込む

こちらのケースでは、片付けもクリーンセンターへの持ち込みも業者にやってもらいます。

自分たちがやるべきことは、業者のトラックの助手席に乗ることだけです。

これでもクリーンセンターで捨てられます。助手席に乗る人が片付ける地域の住民であれば、クリーンセンターでは断られません(ただし、稀に拒否されるケースがあるので、念のためクリーンセンターに問い合わせしておきましょう)。

業者への人件費などは発生しますが、処分費を抑えられる裏技になります。

遺品整理の料金の気にし過ぎには注意!

遺品整理の費用・料金を気にするあまりトラブルに巻き込まれたしまった男性

冒頭にて、遺品整理の料金が安いからという理由だけで遺品整理業者を選ばない方がいい、というのはお伝えしたとおりです。

ここでは実際に発生した遺品整理に関するトラブルを紹介したいと思います。

遺品整理の料金がいくら安くてもトラブルになってしまっては意味がありません。

遺品整理の料金だけではなくて、「安心して依頼できるか」という点も、遺品整理業者を選定する基準に是非入れておきましょう。

不当な高額請求

遺品整理で最も多い苦情が、料金の不当高額請求になります。遺品整理の作業後に見積もりにはなかった項目が勝手に追加されており、高額な料金の請求がされてしまうというものです。

悪徳な業者の場合、相見積もりをされていると考え、一番最初の見積もりを低く設定します。そうすることで、料金面においては他の遺品整理業者に勝つことができるからです。

そして遺品整理の作業後に、「下見の際に想定していた遺品の量よりも大量になった」「見積もり時に記載するのを忘れていた項目があった」などと言って、何倍の金額の料金を請求してきます。

この他に、依頼者が遺品整理の料金相場を理解していないことを利用して、高い料金を提示するというケースもあります。

何事も「知らない」という状態は、適切な判断ができなくなってしまいますので、今回自分が依頼する部屋・家の遺品整理の料金相場観がどれくらいなのか?という点は、しっかりと事前に押さえておきましょう。

遺品の盗難

事前に遺族の方が故人の部屋・家を訪れて遺産となりそうなものを回収しておいたとしても、見落としはよくあることです。

ましてや故人が高価なものを隠しておいたという場合には、部屋や家の中をひっくり返して探さないと出てこないでしょう。

遺品整理をしている最中に、畳の下からや衣類の間から、布団の中から貴金属類が見つかったというのは、珍しい話ではありません。

そんな時、良心的な遺品整理業者であれば見つけ次第依頼者のもとに返してくれるのでしょうが、悪徳な業者の場合にはそれを盗むということをします。

どんなに気をつけていても、依頼者が遺品整理業者の作業員のすべての行動を監視するというのは不可能なので、結局信頼できるところに依頼するというのが一番の方法になります。

あまりにも遺品整理の料金を気にしすぎて、安すぎる遺品整理業者を選択してしまうと、採算ギリギリで行っているため、それを埋め合わせるために盗難を行う業者になってしまう可能性があります。

不法投棄

遺品整理の料金があまりにも安い業者は、回収した遺品を不法投棄している可能性があります

遺品整理を行った際、費用としてかかるのは先述の通り、「遺品の処分料金」と「人件費」になります。

人件費については、人が入って作業をするため簡単に削減することはできません。

あまりにも人件費を削りすぎると、作業が計画通りに終わらないということになりかねません。

そこで処分料金を削減するような意識が働きます。

優良な遺品整理業者は、処分する遺品の仕分けを細かく行い、できる限り処分料金を減らそうと努めます

しかし、悪徳な遺品整理業者の場合、不法投棄を行うことによって安い料金でも処分料金を抑えようとします。

不法投棄が見つかると、その遺品整理業者だけではなく、その依頼者も罪に問われてしまう可能性があります。

「不法投棄をしていますか?」と聞いて、「しています」という遺品整理業者はまず居ないと思います。

そこで、しっかりと業者の見極めが重要な訳ですが、遺品整理の料金を気にし過ぎないことで、トラブルのリスクを回避することができます

関連記事:遺品整理時のトラブルの回避法について詳しく知りたい方はこちら
遺品整理でのトラブルと業者の選び方

料金が適切な、良い遺品整理業者を探すには?

良い遺品整理業者を探す夫婦

遺品整理依頼時のトラブルについては上記で紹介しましたが、じゃあ一体どうやって良い遺品整理と見極めればいいの?という疑問に行き着くことと思います。

そこでここでは、料金が適切な、良い遺品整理業者を見つける方法をご紹介したいと思います。

関連記事:遺品整理業者の選び方について詳しく知りたい方はこちら
遺品整理業者の選び方3選

WEBサイト

「WEBサイトはお金をかければいくらでも偽装できるから、悪徳な遺品整理業者か良心的な遺品整理業者かは判断できない」という意見があるのは事実です。

しかしながら、WEBサイトにお金と時間をかけているということを評価できるというのも一方であります。

遺品整理業者のホームページを見た時にチェックするべき点は、

  • 会社概要がしっかり書かれているのか
  • 社長やスタッフの顔写真が掲載されているか
  • 遺品整理の費用・料金相場が掲載されているか
  • 遺品整理の依頼から作業までの流れが書かれているか
  • ブログやSNSなどで情報発信をしているか

といった点です。

その遺品整理業者が、「自分たちのことを包み隠さず伝えようとしているか」「透明性があるか」という点を意識してWEBサイトを確認するといいでしょう。

悪徳な遺品整理業者は、できるだけ自分たちのことを隠そうとします。「安い!」「安心!」といった表面的なキャッチフレーズでアピールしているような遺品整理業者には注意が必要です。

料金項目

遺品整理の見積もりを出してもらった際の料金項目は必ず確認するようにしましょう。

遺品整理の料金項目のなかで疑問に思ったものに関しては、その遺品整理業者に質問して解決するようにしましょう。

モヤモヤしたまま依頼しても、「あぁ、この遺品整理業者に依頼しなければよかった・・・」となってしまうだけです。

質問をすることで、しっかり丁寧に説明、対応してくれるかどうかも確認できます。もし、回答をはぐらかしたり、曖昧な答えをするようであれば、「怪しい・・・」と疑っていいでしょう。

遺品整理業者に依頼するときには相見積もりを取る

相見積もりを取る主婦

全国に遺品整理業者は9,000社あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

ここでおすすめしたいのが相見積もりを取ることです。相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを取ってもらい、それを比較することです。

しかし、見積もりには遺品整理業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されている遺品整理業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

遺品整理のサービスの詳細を見てみる

「遺品整理の料金を徹底解剖!」まとめ

遺品整理の料金相場に納得する女性

今回は、「遺品整理の料金相場を徹底解剖します!」というテーマで、遺品整理業者に依頼するときの料金相場についてご紹介しました。

遺品整理業者を1社選択するまでには、非常に迷われることがあると思います。大事なのは、依頼者のあなたがすべての主導権を持っているという点です。

疑問に思ったこと、不明に思ったことは我慢せずに、遺品整理業者に聞いてみるようにしてください。納得した状態で遺品整理を依頼する方が、結果的に依頼者のあなたにとっても、遺品整理業者にとっても良いはずです。

良い遺品整理業者に出会えるきっかけにこの記事がなれば幸いです!

記事を読んで遺品整理に関してもっと知りたい!と思った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!