孤独死や自殺などが発生した現場では、そこにあった遺体が腐敗してしまうケースが少なくありません。

腐敗した遺体からは死臭や体液が滲み出し、現場は防護服などが無いと立ち入ることが出来ないような状況になります。

そんな現場の原状回復を目指すのが、「特殊清掃」という作業です。

特殊清掃は素人ができるようなものではありません。特殊清掃業者に依頼することが最善の策だと言えるでしょう。

今回は、特殊清掃業者の選び方を徹底解説したいと思います。特殊清掃が起きた時に冷静に対応できるよう学んでいきましょう。

目次

特殊清掃業者が現場でやってくれること

特殊清掃業者の女性

まず最初に特殊清掃業者が現場でやってくれることについてをご紹介したいと思います。

先ほど申し上げたとおり、特殊清掃業者が行う作業で最も重要なことは「部屋にこびり付いた死臭を取り除くこと」にあります。

この取り除く作業を特殊清掃業者がどのようにしているのかをご説明したいと思います。

ただし、この手順は一例ですので特殊清掃業者によって、また現場の状況によって変動する場合があります。

業務用噴霧機で除菌と消臭

特殊清掃業者が現場に到着してやることは、部屋の除菌、消臭です。

このステップでの消臭はあくまで完全な消臭に向けた下準備だと思ってくれて構いません。

マイクロジェット

株式会社イーライフが販売している高性能噴霧機

現場に入った特殊清掃業者は、まずは上記にあるような業務用の噴霧機を使って、液を噴射していきます。

家庭でよく利用する消臭剤のファブリーズやリセッシュのようなものの霧が、より細かく業務用の噴霧機から噴射されると思ってくれれば良いでしょう。

霧が細かい分、除菌や消臭を強力にすることができるのです。

部屋に残されている遺品を片付ける

遺品が残されているとそこに匂いが付いてしまい、特殊清掃で匂いを取ろうとしても取り切れない場合があります。

そこで特殊清掃業者によっては、最初の除菌・消臭が終わると遺品整理をしてしまうことがあります。

ただし、このステップを一番最後に行うというところもありますので、それは依頼する特殊清掃業者に確認する方が良いでしょう。

オゾン発生器で消臭を繰り返す

オゾンは、酸素(O2)に酸素原子が一つ増えたO3です。

物質としては不安定なために、色々な物と反応して安定な状態(O2)に戻ろうとします。

その性質を利用して、強烈な匂いの元となる物質を除去しようとするのが、オゾン発生器を使った消臭です。

オゾン自体は濃度が高くなると人体に有害なため、扱い方には注意が必要です。

オゾン発生器を使用中には、部屋の中には特殊清掃業者はもちろん、ペットもいないようにしなければいけません。

ある一定時間経ったら、特殊清掃業者は部屋に戻り、換気をして再度オゾン発生器を稼働させるということを匂いが消えるまで繰り返します。

つまり、発見が遅くなってしまえばしまうほど、特殊清掃における匂いの除去に時間がかかり、費用も高くなってしまうのです。

壁や床に染み付いた体液をリフォームで取り除く

上記のすべての過程が終わった後、それでも匂いが取れない場合にはリフォームを試みる必要があります。

オゾン発生器を使用した特殊清掃で除去できる匂いは、表面にあるものだけです。

もし体液などが壁、床に染み込んでいると、そこから悪臭が発生してしまいます。そうなった時に必要になるのがリフォームなのです。

通常特殊清掃の作業の料金表で示されているのは、リフォーム前までです。

それはリフォームになった場合、部屋の大きさや体液の浸透具合で値段が大きく変わるからです。

特殊清掃業者に依頼した時の料金相場

特殊清掃業者に依頼した時の料金相場

特殊清掃の料金は、現場の状況や、遺体の損傷度合いによって大きく変動します。

このとき、特殊清掃業者をインターネットで検索し、業者のホームページを見ても、多くは以下のように個別作業の最低価格のみを記載し、具体的にトータルでいくらぐらいかかるのかを知ることは困難です。

そこで、いくつかの業者のホームページを確認し、おおよその目安となる料金を以下にまとめました。具体的な特殊清掃の料金を知る上での、参考にしてください。

特殊清掃の料金の目安

項目 費用
基本的な特殊清掃作業 5万円〜50万円
汚物等の撤去 2万円〜25万円
害虫の駆除 1万円〜10万円
消毒 2万円〜20万円

さらに臭いが強い場合は、長時間のオゾン脱臭や、壁や床の張替えも必要になってきてしまいます。

そうなると、上記の相場表の料金だけでは収まらず、追加の料金がかかってきます。

この料金は5万円〜50万円程度と高額であり、トータルでは10万円〜100万円以上もかかることがあります。

特殊清掃業者の選び方

特殊清掃業者の選び方

さて、特殊清掃の手順を見て頂き、特殊清掃がどのような流れで行われるのかは想像出来たかと思います。

ここでは特殊清掃業者の選び方について4つご紹介していこうと思います。

特殊清掃の経験が豊富な特殊清掃業者かどうか

特殊清掃の現場は、同じという現場はあまりなく、どういう状況で亡くなったのかによって業務内容が変化します。

経験の浅い特殊清掃業者では対応しきれない案件も、経験が豊富な特殊清掃業者ではあれば安心です。

特殊清掃業者のWEBサイトをチェックして、どれくらいの実績を積んできているのかは見るようにしましょう。

電話、メールの応対が適切かどうか

しっかりとした特殊清掃業者かを見極めるポイントとして、電話・メール対応を入れました。

やはり電話・メール対応は、お客様を大切にしようとすれば丁寧になるものですよね。

ここを疎かになるということは、作業が煩雑な特殊清掃業者の可能性も否定できません。

特殊清掃業者が丁寧な対応をしてくれるかどうかは、厳しい目でチェックするようにしましょう。

見積もりをしっかりと出してくれるかどうか

見積書はその特殊清掃業者がちゃんと現場を診断してくれているかのチェックポイントになります。

杜撰な特殊清掃業者は、適当に見積もりを作って請求額を出します。

これは後々に不当請求のトラブルに発展する可能性を示唆しています。

特殊清掃業者に下見をしてもらった際には、必ず見積書を出してもらい、見積書に記載してある項目についてもチェックするようにしましょう。

分からないことがあれば、特殊清掃業者に納得するまで質問をすることも重要です。しっかりと答えられない特殊清掃業者は要注意です。

特殊清掃を業者に依頼する時には遺品整理ドットコムを利用する

遺品整理ドットコムを利用する主婦

特殊清掃が必要になった場合、悪臭や害虫により周辺住民の方に迷惑を掛けてしまうので「緊急でとにかく早く対処して欲しい!」という要望が多いと思います。

しかし、いくら緊急とはいえ、焦って業者を選んで悪質な業者に依頼してしまっては意味がありません

では、なるべく時間を掛けずに安心できる業者を選ぶためにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは、依頼者さまに最適な特殊清掃業者を紹介するサービスを提供しています。

遺品整理ドットコムに登録されている特殊清掃業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが一社一社面談して厳選しているので安心です。

さらに、遺品整理ドットコムで依頼すれば、24時間以内に対応可能な業者を紹介してくれるのと同時に、お見積もり金額以上の追加請求がないのも安心できるポイントです。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

特殊清掃業者を選び間違えると陥るトラブル事例

特殊清掃業者を選び間違えたトラブル

特殊清掃は、素人が手を付けられない現場のため、特殊清掃業者に依頼する以外には方法がありません。

それ故に特殊清掃業者を選び間違えると、トラブルに陥る可能性があります。

ここでは、特殊清掃業者を選び間違えたために発生したトラブルを2つご紹介したいと思います。

「臭いが取れない…再度やり直して2倍の料金が掛かってしまった」トラブル

特殊清掃の料金は、遺品整理だけを依頼するのに比べて高額になってしまいます。

そんな時に「少しでも安くやりたいな…」と思ってしまうのは当然のことです。

しかしあまりにも「安さ」だけを追い求めてしまうとトラブルに巻き込まれてしまうのも事実です。

「特殊清掃業者ならどこでもいいや」と適当に選んでしまい、スキルのない特殊清掃業者を選択すると、特殊清掃の作業後に「臭いが取れていない…」というトラブルに巻き込まれてしまいます。

そうなると、その特殊清掃業者ではもう扱えないため、他の特殊清掃業者に依頼して再度やってもらう必要があります。

1社目の特殊清掃業者は作業自体はしてくれているため、一切料金を支払わないという訳にはいきません。

しっかりとした特殊清掃業者を選んでおけば1回で済んだにも関わらず、2回も特殊清掃作業をやってもらうことで、2倍の料金が発生してしまうというトラブルです。

「不当請求!?見積金額の3倍も取られた」トラブル

上記のトラブルに少し似ているのですが、こちらは1社で特殊清掃作業は完結したものの、請求額が当初の3倍にもなってしまったというトラブルです。

「当初には無かった作業が発生した」「予想以上に現場が酷かった」といった難癖をつけることで、請求額を何倍にもしてくる特殊清掃業者がいます。

この手のトラブルに陥るのは、最初に提示される特殊清掃の金額が異様に安い場合です。

安く案件を受注しておいて、あとになって特殊清掃の金額を上げるのが、悪徳特殊清掃業者のやり口です。

あまりにも安い特殊清掃業者には気をつけるようにして下さい。

「特殊清掃業者の選び方を徹底解説します!」まとめ

特殊清掃業者の選び方を伝える業者男性

特殊清掃業者の選び方を紹介するとともに、特殊清掃にかかる料金相場や実際に発生している特殊清掃に関連したトラブルを紹介してきました。

特殊清掃という作業に向き合うことは、一生のうちに何度もあることでは無いと思います。

しかし、向き合った時にトラブルなく特殊清掃を終えて原状回復をしてもらえるよう、しっかりと知識を身につけておくことが重要です。

この記事の内容をちゃんと理解して、納得した特殊清掃が実現できることを願っています。

記事を読んで、特殊清掃についてもっと知りたい!という方がいれば、下記の記事もチェックしてみて下さい。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!