家の片付けは自分で行うばかりではなく、業者に依頼することも可能です。

「自分で家の片付けをチャレンジしてみたけど、どうしても上手く行かなかった」という場合や、「小物は片付けられたけれど、大物の家具はどうしても無理」という場合には、業者に依頼して片付けるのも一つの手です。

今回は、そんな家の片付けを業者に依頼したい人に向けた、料金相場に関する記事です。

家の片付け業者の料金相場はどれくらいなのか徹底解説していきます。

目次

家の片付け業者の料金相場

家の片付け業者の料金を示す男性

家の片付け業者は、下記の3つに分類できます。

  1. 遺品整理・生前整理業者
  2. ゴミ屋敷清掃業者
  3. 不用品回収業者

各業者の種類によって料金が違いますし、得意としていることも違います。

ここからは、順番に家の片付け業者の特徴や料金相場をお伝えしていきます。

遺品整理・生前整理業者の場合

遺品整理・生前整理業者の場合の料金相場は下記のとおりです。

部屋の広さ 料金の相場
1R 35,000〜130,000円
1DK 35,000〜150,000円
1LDK・2DK 60,000〜280,000円
2LDK・3DK 90,000〜300,000円
3LDK・4DK 150,000〜700,000円
4LDK・それ以上 170,000〜800,000円

遺品整理・生前整理業者の場合には、家の間取りで料金設定をしている場合が多いです。

家の間取りによって幅があるのは、同じ間取りの家でもそこに置いてある物の量(物量)が異なるからです。

また、片付けする家がマンションで搬出が困難な場合や駐車スペースに制限がある場合には、料金が高くなる傾向にあります。

遺品整理・生前整理業者に片付けを依頼するケース

遺品整理・生前整理業者に家の片付けを依頼するケースは、遺品整理であれば誰かが亡くなった後、生前整理であれば終活の一環としてでしょう。

どちらにも共通しているのは、家にある物は単なるゴミではなく、大事な物であるという点です。

遺品整理・生前整理業者の場合には、家の物の仕分けから片付け、掃除までを一貫して行ってくれます。

遺品整理であれば遺族の気持ちを汲んでくれながら、生前整理であれば依頼者の希望を尊重しながら、作業を進めてくれるので安心です。

ゴミ屋敷清掃業者の場合

ゴミ屋敷清掃業者の場合には、家の間取りではなく、ゴミや物がどれくらい一部屋にあるのかで料金が設定されています。

ゴミの量 作業員数 作業時間 費用
床全体がゴミ 1~2人 2~3時間 60,000円~80,000円
腰の高さまでゴミ 2~4人 4~5時間 100,000円~500,000円
天井の高さまでゴミ 5~7人 1~3日 300,000円~700,000円

これは一部屋あたりの料金になります。

家の片付けとしてゴミ屋敷を業者に依頼する場合には、必ず現場に来てお見積もりをしてもらうようにしましょう。

特に依頼者がゴミ屋敷・モノ屋敷の住人だった場合、本人の「少ない」と業者の「少ない」に違いがあることが多いためです。

ゴミの中に生ゴミが含まれているか、ふん尿といった汚物が含まれているかなどでも家の片付け料金が変わってきます。

ゴミ屋敷清掃業者に片付けを依頼するケース

ゴミ屋敷清掃業者に家の片付けを依頼するケースは、部屋の中がゴミや物でいっぱいになっている場合です。

自分で家を片付けようと思っても片付けられなかった結果が、今の家の状態なので、片付け業者に依頼してキレイにしてもらう方が良いでしょう。

片付け業者によっては、ネズミの駆除やハウスクリーニング、消臭などもオプションで行ってくれます。

もし希望する場合には、依頼時に相談してみましょう。

不用品回収業者の場合

不用品回収業者に家の片付けを依頼する場合には、下記のような料金になります。

不用品回収業者によっては、遺品整理・生前整理業者と同様に家の間取りで料金設定をしているところもあります。

プラン 料金
軽トラック 10,000円前後
2tトラック 30,000円前後

不用品回収の場合には、トラック単位で料金設定をしていることも多いでしょう。

また、トラック単位ではなく、不用品一個単位のところもあります。

不用品回収業者に片付けを依頼するケース

家の片付け業者で不用品回収業者を選択するケースは、処分する量が少なかったり、とにかく早く片付けたい場合でしょう。

不用品回収業者の場合には、冷蔵庫やエアコン、ソファなどの単品でも扱ってくれます。

粗大ごみで出すのが面倒だったり、粗大ごみの日よりも早く家を片付けたい場合に便利でしょう。

家の片付け業者の料金で気をつけること

家の片付け業者の料金で気をつけることを伝える女性

家を片付け業者に依頼する際に注意すべき点があります。

それは、決して片付け業者の料金だけで選ばないことです。

普段物捨てたり、片付けてもらうことにお金を支払った経験がない方は、家の片付けを業者に依頼した時の料金に驚かれる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、家の片付けを業者に依頼する際、料金だけで選ぶことのリスクを2つご紹介します。

料金だけで選ぶリスク1 – 不当請求

家の片付け業者を料金だけで選ぶリスクの一つ目は、不当請求です。

ここでいう不当請求とは、作業を終わった後などに最初に言っていた金額よりも多くの料金を請求することです。

「最初見積もりした時よりも想像以上に多かった」などとそれっぽい理由を付けて、請求料金を上げてきます。

最初に低く料金を提示しておいて、後々追加料金を取るなどが常套手段です。

料金だけで選ぶリスク2 – 不法投棄

家の片付けを業者に依頼した際、出てきたゴミはどうすると思われますか?

業者はそのゴミを適切に処理するわけですが、そこには処分料金が必要になります。

あまりにも料金が安い業者は、この処分料金を浮かせるために不法投棄を行ってしまうのです。

不法投棄が見つけると業者だけでなく、依頼者自身も罪に問われてしまう可能性がありますので、注意して下さい。

家の片付け業者の選び方

家の片付け業者を料金だけで選ぶリスクをお伝えしましたが、それではどういう基準を取り入れて選べば良いのでしょうか?

電話対応や接客態度

家の片付けを業者に依頼する場合、問い合わせをする際にその電話対応やメール対応、接客態度などを見るようにしましょう

あまりにも煩雑で信じられそうな家の片付け業者には依頼しない方が良いでしょう。

ホームページ

ホームページはお金を掛ければどうにでも誤魔化せますが、ホームページにお金をしっかり掛けてお客さまに良さを伝えようとしている姿勢は評価されるべきでしょう。

少なくとも、雑なホームページの業者よりはマシなのではないでしょうか。

お見積書

良心的な業者であれば、お見積書をしっかり発行してくれます。

言った言わないを避けるためにも、家の片付けのお見積書は紙かPDFなどのデータでもらうようにして下さい

その際、追加料金の可能性があるならば、どういう条件で発生するのかを聞くようにすると同時に、文面に落とすようにして下さい。

家の片付けを業者に依頼する際には相見積もりを取る

複数の業者を比較して判断する材料として、なるべく相見積もりを取るよう心がけてください

業者間で相見積もりを取ることで、比較検討できる他、その家の片付けの料金相場が掴めます。

もしあからさまに安い業者は、なぜ安いのかを聞いてみるのも良いでしょう。

相見積もりは納得して家の片付けを行ってもらうために重要なプロセスです。

相見積もりを取るなら遺品整理ドットコムがオススメ

遺品整理ドットコムを利用する主婦

「相見積もりを取りましょう」とお伝えしましたが、家の片付けの見積もりには業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。

一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されている業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

遺品整理ドットコムのサービスを見てみる

「家の片付け業者の料金相場はどれくらい?」まとめ

家の片付け業者の料金相場

家の片付け業者の料金相場についてお伝えしてきました。

どの片付け業者に依頼するかによって、料金相場に違いのあることが理解できたのではないかと思います。

また、家の片付け業者が提示する料金だけを重視するリスクについてもしっかりと認識しておきましょう。

納得して、しっかりとした業者に家の片付けを依頼するようにしましょう。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!