不要になった物をどう処分したらよいのかという点は、大きな悩みの種です。

ごみの日に出せないものは、一体どこで処分したらいいのか…

クリーンセンターに持って行きたいけど、高齢で車の運転もできなくて困っている…

そんな時にインターネットで調べてみると、不用品回収業者という存在がある事を知ります。

業者に頼めるならいっその事すべてお願いしたい!と思う所ですよね。

しかし、この不用品回収業者の中には違法な処理をする悪徳業者も存在します。

不用品回収業者をを利用して本当に大丈夫なのか、悪徳業者に騙されない為にも、正しい知識と見極めポイントをしっかり抑えておきましょう。

目次

不用品回収業者とは

不用品回収業者

どんな時に利用するのか

不用品回収業者は、家庭から出た不用品を引き取って処分する事を専門としています。

一般的には、遺品整理や生前整理、引っ越しなど一度に多くの不用品が出る時に利用される方が多いようです。

また、近年の断捨離ブームで、ミニマリストを目指して生活をスッキリしたいと考える方の利用も増えてきました。

皆さんの地域でも、ごみ出しのルールは各自治体で決まっていると思います。

指定ごみ袋に入れて出せる小さな不用品や、地域のごみ収集施設に連絡して決まった日時に有料回収してもらう大きな不用品など…。そうです、不用品の処分には、細かいルールがあったり、お金がかかるものなのです。

しかし、不用品回収業者には、格安や無料回収を銘打っているところもあります。なぜそんな事ができるのか、ちょっと怪しいですよね。

その点も含め、まずは不用品回収にかかる金額を探っていきましょう。

不用品処分にかかる金額を知る

自力で不用品処分を行う場合

そもそも、不用品を処分する為にはどれくらいお金がかかるのでしょうか。

まず、不用品業者に頼まずに、自力でやってみる場合を例にします。

「毎週〇曜日は資源ごみの日」のように、ごみ袋に入るサイズの不用品は、決められた曜日にごみ袋に入れて、収集場所に出すのが一番身近な不用品処分です。

こちらは、ごみ袋が有料の地域も多く、サイズによって1パック100円〜1000円程度かかります。

粗大ごみの回収を自治体に依頼するには、コンビニや役所で売っている粗大ごみ回収シールを購入し、シールを貼付した不用品を指定時間までに指定場所に出しておくと、回収してもらえます。

回収方法や金額は、地域とサイズによって異なりますが、シールは概ね300円以上で販売されています。

また、粗大ごみの中でも、冷蔵庫・洗濯機・乾燥機・テレビ・エアコンに関しては家電リサイクル法が適用され、1品1000円〜5000円以上の費用がかかります。

このような家電は、正しい処理をしてから破棄しなければ、有害物質が発生するという事もあり、処分自体にお金がかかるのです。

全て自力でやろうと思うと、回収してもらう不用品の種類によっては、回収依頼先が違い、何ヶ所かに分けて連絡をしなければなりません。

更に、回収してもらえない不用品は、自分でクリーンセンター(地域のごみ処分場)に運んだり、郵送手配や回収可能な家電量販店へ運び込まなければならない事もあります。

調べたり連絡の手間に加え、運搬の重労働を考えると、一人暮らしの女性や高齢者の世帯には、不用品の処分も一苦労ですね。

不用品回収業者に依頼する

このように、自力でやると労力のかかる不用品の処分ですが、そんなお悩みを解決する為にも、不用品回収業者は各地域に存在します。

優良な不用品回収業者は、不用品回収に必要な資格を持ち、正しい方法で処分やリサイクルを行い、場合によっては買取りを行っている業者もあります。とは言っても、民間企業ですからお金はかかってしまうもので、作業費用やトラック代を含む基本料金に、家電リサイクルや粗大ごみ処分にかかる金額が上乗せされます。

費用に関しては、作業人数やトラックの台数、不用品の種類や量、地域によっても様々なので、一概にいくらという金額を提示する事は難しいのです。

その為、相場が分からないと騙されてしまうのではないかと不安になる方もいるでしょう。

という事で、次は悪徳不用品回収業者の実態をご紹介していきます。

不用品回収業者には悪徳な業者がある

不用品回収業者による不法投棄

不用品を転売している

悪徳不用品回収業者は、集めるだけ集めた不用品を、正規のルートで処分しません。

まず、まだ利用できるものはリサイクルショップやフリマサイトで販売し、自分の利益にします。

不用品そのものが壊れていても、分解して部品を転売する事もできてしまうのです。

優良不用品回収業者は、転売を行う際に必要な許可を取得し、その内容を依頼者に公開しています。

そして、その分処分費用を安くしたり、買取りという名目で返金しているので、依頼者側からしても、安心です。

不法投棄している

転売や買い手の見つからない不用品は、正規のルートで処分せずに不法投棄する事もあります。

悪徳不用品回収業者は不用品の処分に関して専門業者ではない一般人である事が大半です。

私達を同じく一般人が大きな不用品を処分すると、自治体へ処分費用を払う必要があります。

粗大ごみシールやクリーンセンターでの重量課金がその処分費用にあたりますね。

しかし、この費用を払いたくないが為に、人目につかない山中などに不法投棄をしてしまうのです。

依頼者からは回収料金を徴収していますが、その金額はそのまま悪徳業者のポケットへ…

知らぬ間に不法投棄を手伝っている事にもなりかねません。

また、不法投棄にも労力を使うので、燃やせるものは燃やしているという業者もあります。

個人的にごみを燃やすことは禁止されていますので、こちらも知らぬ間に大気汚染に加担しているかもしれないのです。

必要な許可を持っていない

不用品を回収する為には、必要な許可があります。

誤りがちなのですが、「産業廃棄物処理業許可」は企業や工場のごみ処理に必要な許可です。

私たちが依頼する不用品回収は一般家庭ごみなので、「一般廃棄物処理業許可」必要になります。

また、先ほど挙げたリサイクルショップへの転売に関しても、許可が関わっています。

中古品の売買には「古物商の許可」を持っていなければなりません。

不用品回収業者を依頼する際には、見積もりや問い合わせ時点で「一般廃棄物処理業許可」と「古物商の許可」を持っている事を確認しましょう。

追加請求や高額請求をする

悪徳不用品回収業者は、依頼者の雰囲気や性格を見て追加請求や高額請求をする事があります。

まだあまり世間を知らない大学生や、判断力の低下する高齢者、弱気な性格の方などは注意が必要です。

依頼者が断ったり意見してこないだろうと踏んで、見積もりより高額な請求をしたり、「冷蔵庫の処分に予定以上の費用がかかってしまった」などと言い、追加料金を請求してきます。

見積もり金額と請求金額が違うという事は本来ほとんどありません。

しかし作業前の見積もりですから、優良不用品回収業者でも金額変更になる事は稀にあります。

金額がおかしいと気づいた時には、まずは理由を追求し、納得いかなければ支払い前にキャンセルしても問題ありません。

無料回収や格安回収につられて依頼してしまうと、詐欺や恐喝に巻き込まれる可能性もありますから、気をつけたいですね。

情報がない

家のポストに不用品回収業者のチラシが入っていた経験がある方もいると思います。

引っ越し準備や遺品整理など、手早く安く不用品処分をしたいと思った時に、即日!格安!と書かれたチラシを目にしたら、利用してみようと思いたくもなります。

しかし、その情報だけで決めるのはちょっと待って下さい。

まずは、その不用品回収業者が信頼できるかどうか確認しましょう。

インターネットで検索し、ホームページを見てみれば、作業スタッフや利用者の声を読む事もできる時代です。

チラシの印刷は安価なので利用されがちですが、ホームページを自力で運営していくのは大変ですし、依頼しようにも数万円かかってしまします。

悪徳不用品回収業者は、そのような作業に手を掛けないので、ホームページ自体が存在しない事も多いのです。

悪徳業者を見極めるコツ

悪徳不用品回収業者を見極めるコツ

こうして悪徳不用品回収業者が何をやっているのかまとめていくと、困っている私たちは作業を依頼しているだけなのに、実際は環境汚染や違法売買に関わってしまっているという事が分かり、とても恐ろしいですね。

しかし、日々の生活の中で、不用品回収を利用しなければどうにもならないという事もあるでしょう。

自力での作業はかなり大変…では、どんな不用品回収業者を選択すればよいのでしょうか。

ここでは、業者選びのポイントを確認していきましょう。

もちろん、当てはまるからといってすべてが悪徳業者であるとは限りませんので、判断する1つの軸にしていただければと思います。

無料回収または空き地で大量回収している

悪徳不用品回収業者は、集めた不用品を許可なく転売して、換金する事で利益を出しています。

その為、無料回収を行う事ができるのです。

しかし、皆さん覚えていますか?不用品の処理にはお金がかかるのです。

正しく処理する為に、それ相応の費用が必要なのに、無料回収はおかしいですよね。

業者がお金を出してくれているのでしょうか?いいえ、違います。不法投棄や違法売買に繋がっています。

無料回収の宣伝文句には、注意して下さい。

また、特に郊外の空き地などで見られる大量回収にも気をつけて下さい。

「指定時間、指定場所に不要家電を持ってきてくれたら、引き取ります。」と宣伝しながら、お金になる家電や部品を集めているという業者もあります。

一見分かりやすくて親切ですが、やっている事は違法の可能性もあります。

連絡先が携帯電話番号しか公開されていない

悪徳不用品回収業者は連絡先に携帯電話番号しか記載していません。

優良な不用品回収業者であれば、本社があり、所在地の確かな固定電話番号を有しています。

しかし、不法投棄が発覚したら処分されてしまう可能性を恐れて、自宅であっても固定電話番号を公開しません。

見積もり金額が適当

最初に不用品回収業者を接触するのは、私達から業者に連絡した時ですよね。

その際、数点の家具家電回収なら、電話でも見積もり確認が可能です。

優良不用品回収業者なら、ホームページでおおよその料金を公開していますので、依頼前に確認する事もできます。

しかし、悪徳不用品回収業者は、電話での見積もりではっきりした金額を出さなかったり、聞いていた見積もり金額と実際に払う金額が大きく違う事があります。

見積もりは、業者を比較する上で大切なポイントですが、これが適当だと話になりませんね。

見積もりが定まらない業者は利用しないように気をつけましょう。

宣伝カーで大きな音を流している

公共のマナーの話になりますが、悪徳不用品回収業者は人間性にも問題があります。

電話対応が雑であったり、仕事する上での礼儀作法がままならなかったり…。

しかし、依頼するまでは相手がどのような人物かは分からない物ですよね。

そのひとつの見極めポイントとして、宣伝カーの騒音があります。

悪徳不用品回収業者は自分をアピールする事が最優先となってしまい、周囲への配慮が欠けています。

車から大きな音楽や声を流して宣伝している不用品回収業者は、悪徳である可能性が高まります。

ホームページがない

先ほど少しご説明した中で、「悪徳不用品回収業者は情報がない」をお伝えしました。

逆を言うと、優良な不用品回収業者は依頼者が知りたい情報をはっきりとホームページで公開しています。

例えば、本社所在地や社長・スタッフの情報、今までの作業実績や、持っている資格、利用した方々の感想などです。

もちろん、料金設定や不用品処分のルートも公開しています。

例えば、優良な業者でも「パソコンは無料回収!」という業者は、なぜ無料で回収できるのか、その経緯まで記載されていました。

無料で不安だと思っていたら、修理技術もある業者で、必要な許可を持ち、正規のルートで中古販売をしているという事でした。

ホームページがしっかりしている業者は、安心すると同時に好感が持てますね。

また、知りたい情報がない場合でも、問い合わせに真摯に答えてくれます。

悪徳不用品回収業者は情報開示する事も所在を知らせる事もできません。

一度、インターネットや地域の方々の口コミを参考にしてみましょう。

不用品回収業者に依頼するときは遺品整理ドットコムを利用する

全国に業者は数多くあります。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

ここでおすすめしたいのが相見積もりを取ることです。相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを取ってもらい、それを比較することです。

しかし、見積もりには不用品回収業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されている業者は一般的な不用品回収業者ではなく、遺品整理ドットコムのスタッフが厳選した業者のみになっています。

遺品整理や生前整理といった、不用品回収よりも高度な対応が必要な業務を行っている業者のみをご紹介しておりますので、安心してご依頼いただけます。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

不用品回収のサービス詳細を見てみる

遺品整理・生前整理で不用品回収をする場合

不用品回収業者による遺品整理

不用品の回収を依頼したいケースに遺品整理や生前整理があります。

じつは、遺品整理・生前整理には専門の業者がいます。

不用品回収業者と遺品整理業者の違い

不用品回収業者の場合はあくまでも不用品なので、ごみとして扱いますが、遺品整理業者は故人が使っていた「遺品」として丁寧に扱ってくれます。

遺品整理や生前整理ではどうしても思い入れもあるものを処分するので、普通の不用品回収業者より専門の業者に処理をして貰いたいものです。

悪徳遺品整理業者を選ばない為には

不用品回収業者に悪徳業者がいるように、遺品整理業者にも悪徳業者が存在します。

業者の見極め方は上記の方法で良いのですが、1つだけ注意したいことがあります。

それは不用品と違い遺品整理の料金はどれ位が妥当なのかわかりにくいことです。

不用品回収では、冷蔵庫いくらなど詳細に金額が出ていることが多いですが、遺品整理の場合は家1軒まるまる片付けや、1部屋まるまる片付けというように詳細の金額が出しづらい状況が大半です。

その為、業者から貰った見積もりが正しいかどうかは複数社に同じように見積もりを出してもらい比較検討するしかないのです。

遺品整理業者に依頼するときには相見積もりを取る

全国に遺品整理業者は9,000社あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

ここでおすすめしたいのが相見積もりを取ることです。相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを取ってもらい、それを比較することです。

しかし、見積もりには遺品整理業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されている遺品整理業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

遺品整理のサービスの詳細を見てみる

「不用品回収悪徳業者には騙されないようにしよう」まとめ

悪徳な不用品回収業者の見極めが出来た人

大量に不用品が出てしまった時、処分にかける費用と労力をできるだけ抑えたいと考えます。

しかし、困っている私達の足元を見ているのが悪徳不用品回収業者です。

不用品を手放すのにお金がかかるなんておかしい!と思っていましたが、今まで便利に使っていた家具・家電も、処分する為に有害物質が出ているわけです。

正規のルートで処分すれば、環境に優しく破棄する事ができます。

ごみ処分場で毎日汗水たらして頑張って下さっている方々もいるわけですから、感謝してお金を払いたいですよね。

悪徳不用品回収業者に払う料金は、環境の為でも何でもありません。

まずは、私たちがしっかり情報を集めて、信頼できる不用品回収業者と出会う事が大切ですね。

安さや早さに惑わされずに、正しい不用品回収業者を選んでいきましょう。

記事を読んで、不用品回収について、もっと知りたい!という方がいれば下記の記事を参考にしてみて下さい。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!