特殊清掃を依頼する時に注意すべきことはご存知でしょうか?

特殊清掃は、部屋についた死臭を除去する作業になりますが、「どの業者に依頼したら良いかわからない」という悩みがあるのも事実です。

ちゃんとした特殊清掃業者に依頼しなかったことで、結果的に臭いが取れずトラブルに巻き込まれたという人もいます。

今回は、特殊清掃を依頼する時に注意すべきことを説明していきたいと思います。

特殊清掃を依頼しようと思っている方は、必見の記事です。

目次

特殊清掃を依頼したらトラブルに巻き込まれた事例集

特殊清掃を依頼してのトラブル

まずは特殊清掃を依頼したらトラブルに巻き込まれてしまった事例をいくつか紹介したいと思います。

臭いが取れずに複数業者にお願いしたトラブル

特殊清掃の場合、状況によってはリフォームまでも必要となるため、費用が高額になってしまうケースが多くあります

したがって、依頼する側が「少しでも安く特殊清掃を依頼できたらな・・・」と思うことは、自然なことだと思います。

しかしながら、あまりにも安さだけを求めてしまうと、「臭いが取れない」というトラブルに巻き込まれ、結果的に違う特殊清掃業者に再度依頼しなければならないということが発生してしまいます。

このトラブルは、スキルや経験のない特殊清掃業者に依頼することに起因しています。

「特殊清掃業者ならどこでもいいや」と適当に選んでしまい、スキルのない特殊清掃業者を選択すると、特殊清掃の作業後に「臭いが取れていない・・・」というトラブルに巻き込まれてしまうのです。

特にありがちなのは、「安さ」だけを追い求めてしまって、スキルのことは気にしないケースです。

臭いが取れないと、2回、3回と特殊清掃を依頼しなければならず、その分作業費用を支払う必要があります。

そうなると通常であれば1回で済む作業費が、何倍にもなってしまうのです。

見積金額の3倍も取られたトラブル

上記のトラブルに少し似ているのですが、こちらは1社で特殊清掃作業は完結したものの、請求額が当初の3倍にもなってしまったというトラブルです。

「当初には無かった作業が発生した」「予想以上に現場が酷かった」といった難癖をつけることで、請求額を何倍にもしてくる特殊清掃業者がいます。

この手のトラブルに陥るのは、最初に提示される特殊清掃の金額が異様に安い場合です。

安く案件を受注しておいて、あとになって特殊清掃の金額を上げるのが、悪徳特殊清掃業者のやり口です。

あまりにも安い特殊清掃業者には気をつけるようにして下さい。

不法投棄に巻き込まれたトラブル

こちらは、回収してもらったはずの臭いの付いた物が不法投棄されていて、トラブルに巻き込まれた事例です。

ちゃんとした特殊清掃業者に依頼していれば、適切な形で処分してくれたにも関わらず、悪徳な業者に依頼してしまったが故に不法投棄をされてしまったというものです。

不法投棄は、不法投棄をした側の業者だけが悪いように見えますが、依頼者側にも一定の責任が発生します。

不法投棄をすることで処分費用を浮かせて利益にするという悪徳業者に、特殊清掃を依頼しないようにしましょう。

特殊清掃を依頼すべき業者かの判断の仕方

特殊清掃を依頼すべき業者かの見極め方

さて、上記では3つのトラブル事例を見てきました。

ここでは、「じゃあどうやって、ちゃんとしている特殊清掃業者に依頼できるの?」という問に答えていきたいと思います。

特殊清掃を依頼する時のチェック項目を4つご紹介します。

特殊清掃の経験が豊富な特殊清掃業者かどうか

特殊清掃の現場は、同じという現場はあまりなく、どういう状況で亡くなったのかによって業務内容が変化します。

経験の浅い特殊清掃業者では対応しきれない案件も、経験が豊富な特殊清掃業者ではあれば安心です。

特殊清掃業者のWEBサイトをチェックして、どれくらいの実績を積んできているのかは見るようにしましょう。

経験のある特殊清掃業者に依頼することが、トラブルに巻き込まれない第一歩です。

電話、メールの応対が適切かどうか

しっかりとした特殊清掃業者かを見極めるポイントとして、電話・メール対応を入れました。

やはり電話・メール対応は、お客様を大切にしようとすれば丁寧になるものですよね。

ここを疎かになるということは、作業が煩雑な特殊清掃業者の可能性も否定できません。

特殊清掃業者が丁寧な対応をしてくれるかどうかは、厳しい目でチェックするようにしましょう。

丁寧な対応をしてくれる特殊清掃に依頼する方が良いでしょう。

見積もりをしっかりと出してくれるかどうか

見積書はその特殊清掃業者がちゃんと現場を診断してくれているかのチェックポイントになります。

杜撰な特殊清掃業者は、適当に見積もりを作って請求額を出します。

これは後々に不当請求のトラブルに発展する可能性を示唆しています。

特殊清掃業者に下見をしてもらった際には、必ず見積書を出してもらい、見積書に記載してある項目についてもチェックするようにしましょう。

分からないことがあれば、特殊清掃業者に納得するまで質問をすることも重要です。しっかりと答えられない特殊清掃業者は要注意です。

見積もりを正確に出してくれる特殊清掃業者に依頼するようにしましょう。

特殊清掃を業者に依頼する時には遺品整理ドットコムを利用する

特殊清掃が必要になった場合、悪臭や害虫により周辺住民の方に迷惑を掛けてしまうので「緊急でとにかく早く対処して欲しい!」という要望が多いと思います。

しかし、いくら緊急とはいえ、焦って業者を選んで悪質な業者に依頼してしまっては意味がありません

では、なるべく時間を掛けずに安心できる業者を選ぶためにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは、依頼者さまに最適な特殊清掃業者を紹介するサービスを提供しています。

遺品整理ドットコムに登録されている特殊清掃業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが一社一社面談して厳選しているので安心です。

さらに、遺品整理ドットコムで依頼すれば、24時間以内に対応可能な業者を紹介してくれるのと同時に、お見積もり金額以上の追加請求がないのも安心できるポイントです。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

特殊清掃のサービス詳細を見てみる

「特殊清掃を依頼する時に注意すべきこと」まとめ

特殊清掃を業者に依頼する主婦

特殊清掃を依頼すべき業者の特徴と、特殊清掃で発生しているトラブルについて説明してきました。

特殊清掃は非常に特別な現場になります。こういう現場だからこそ、トラブルに巻き込まれること無く、しっかりと作業をしてほしいですよね。

今回ご紹介したポイントを押さえて、ぜひ特殊清掃を依頼する業者選びに役立てていただければと思います。

記事を読んで特殊清掃について興味を持った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!