掃除や片付けをやってもやってもまたすぐに家が汚くなってしまうという風に悩んでいる方が大勢います。

掃除してもすぐに部屋が汚くなる原因の1つは、不要なものを捨てきれていないからです。

今回は掃除や片付けで「捨てる」ということの重要さと「捨てる」手順と方法についてご紹介いたします。

目次

掃除や片付けの要は捨てること

家の片付けでは捨てるのが肝

掃除や片付けで「捨てる」ことが非常に重要であるとよく耳にしても、「どうしてだろう?」と思ってしまうかもしれません。

掃除や片付けできちんと捨てた場合と捨てなかった場合を比較してみましたので、その違いを学んでみましょう。

掃除や片付けでものを捨てた場合

正しい方法でものを捨て、要らないものを無くすと下記のようになります。

  • 片付け直後はものが減っていて綺麗
  • 引き出しや収納に十分なスペースの余裕がある
  • 必要なものが出しやすい
  • 散らかり始めてもすぐに片付けられる
  • 片付けに必要な時間が非常に短くなる

掃除や片付けでものを捨てなかった場合

  • 片付け直後はものが減っていて綺麗
  • 引き出しや収納はものがぎっしり詰まっている
  • 必要なものがすぐに出ない
  • 散らかり始めるとぐちゃぐちゃになってしまう
  • 片付けを再度やるときはいつも初めから
  • 掃除や片付けで捨てることが散らかりにくさに繋がる

    このように、掃除や片付けで不要なものを捨てると、部屋が散らかりにくくなります

    それは、絶対的なものの量が減ることによって、ものの管理がしやすくなるからです。

    また、しばらくたってから再度片付けをしないといけなくなっても、すぐに元通りの綺麗な部屋に戻すことが可能になります。

    したがって、掃除や片付けをする際には、「捨てる」ことをしっかり意識していくようにして下さい。

    掃除や片付けでものを捨てる手順

    掃除や片付けでものを捨てる手順

    掃除や片付けで不要なものを捨てるにも正しい方法で行う必要があります。

    下記の手順で片付けていくのがスムーズです。

    1. 理想の姿を思い描く
    2. 家の収納の中身を全て出す
    3. 収納から出した物を仕分ける
    4. お気に入りの物だけを残す
    5. お気に入りでない物を処分する

    最初に理想の姿を思い描くと「どこまで片付ければいいのか」が見えてきます。理想の姿とは、理想の自分の姿や部屋の姿です。

    理想の押入れの姿が思い浮かべられたら、次に収納の中身を全て出し床の上に山積みにしていきます。

    このようにすることで片付けるべきものが全て一目瞭然になります。

    そのあとで、山積みとなっている物の中から「お気に入りの物」だけを手にとっていきます

    このやり方で家の中身を分けていくと「お気に入りの物」が実は全体の半分くらいしかないことに気付きます。

    最後に「お気に入りの物」として手に取らなかった物を処分して、お気に入りの物だけを収納していきます。

    どうしてお気に入りのものだけを残すのか

    部屋にあるものを整理してお気に入りのものだけに減らすことで様々なメリットがあります。

    家にあるものにうち、お気に入りのものは実はほんのわずかです。

    お気に入りのものだけにすることで家の中の荷物が大幅に減ります。家のなかの荷物の量が減ると、新たな空間やスペースが生まれ、風通りが良くなったり探しものが減ったりします。

    なによりも、片付けに必要な時間がぐっと短縮されます

    さらに、お気に入りのものだけを目にして使うので、常にいい気分で過ごすことが出来るのです。

    捨てるゴミの処分に困ったら業者に依頼するのも1つの手

    捨てるゴミの処分を業者に依頼する

    片付けや掃除で出たゴミは自分で地道に分別して捨てることが出来ますが、なかには分別する時間がない方や捨てる余裕がない方もいます。

    そのような方は、掃除で出たゴミの処分を業者に依頼するという方法があります。

    業者にゴミの処理を依頼すれば、業者にゴミの搬出から処分までの1通り全てを任せることが出来ます。もちろんゴミを分別する必要もありません。

    しかし、片付けや掃除で出たゴミの処分を業者に依頼するときには注意することが必要です。それは、悪徳業者に依頼しないようにすることです。

    悪徳業者とは、不当に高額な費用を請求してくる業者や追加費用を作業日当日に請求してくる業者のことです。不法投棄を行う悪徳業者も存在します。

    このような悪徳業者に依頼しないようにするために、極端に安価な見積もりを出してくる業者や下見に来ることなく見積もりを出してくる業者には注意をしましょう。

    電話で見積もりを出してくれる業者に対しては、作業当日に追加費用が発生する可能性がないかどうかの確認を行いましょう。

    極端に高額の請求をされていないかを知る手段の1つとして、複数の業者から見積もりをもらうという方法があります。これを「相見積をとる」と言います。

    複数見積もりを取ることは悪徳業者に依頼しない方法にも繋がります

    相見積もりをとるなら遺品整理ドットコム

    遺品整理ドットコムを利用する主婦

    「相見積もりを取りましょう」とお伝えしましたが、見積もりには不用品回収業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。

    一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

    この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

    また、登録されている業者は一般的な不用品回収業者ではなく、遺品整理ドットコムのスタッフが1社1社面談して厳選した遺品整理も対応可能な高度の対応が必要な業務を行っている業者のみになっています。

    さらに、遺品整理ドットコムで提携している業者は作業当日の作業内容が変わらない限り、追加費用を請求することはありません。安心してご依頼ください。

    問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

    「掃除や片付けの要は捨てること」まとめ

    掃除や片付けの要は捨てること

    掃除や片付けの要が捨てることであるということをご紹介しました。

    捨てることなしに掃除や片付けを行うことも可能です。しかし、それではすぐにリバウンドしてしまいがちです。

    掃除しても掃除してもすぐに汚くなってしまう方は、1度でいいので「捨てる」掃除というものを実行してみましょう。

    記事を読んで、掃除や片付けについてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

    遺品整理ドットコム
    ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!