大切な人が亡くなってからはお葬式や手続きで大忙しで、故人の遺品整理の時期については、ついつい忘れてしまうものです。

そもそも遺品整理の時期は、いつが一番良いのでしょうか?

今回はそんな遺品整理の時期に関する疑問に解答していきたいと思います。「遺品整理の時期が分からないで困っている!」という方には必見の記事です。

目次

遺品整理の時期で押さえるべき点

遺品整理をすべき時期

「遺品整理をいつまでにやらなければいけない!」という、遺品整理の時期は存在するのでしょうか?

結論から申し上げますと、「人が亡くなってからいつまでに遺品整理をしなければならない!」というような遺品整理の時期は定まっていません

遺品整理の時期は、「葬儀や亡くなった人の手続きなどが終わってから」という人もいれば、「心の整理がついて死に対して向き合えるようになってから」という人もいます。

ここでは、一般的に遺品整理が行われる時期について、故人の住んでいた家が賃貸の場合と持ち家の場合に分けて説明したいと思います。

遺品整理の時期〜賃貸の場合〜

まずは住んでいた部屋が賃貸の場合の遺品整理の時期について考えていきましょう。

遺品整理の時期は、4パターンあります。

時期1 – 四十九日のあとに遺品整理をする

人が亡くなると四十九日後に仏のもとに向かうと言われています。つまり四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもあるということです。

そのため遺品整理の時期は、四十九日後の亡くなった方が仏のもとに向かわれてからという意見があります。

四十九日を遺品整理をする時期として設定する他の理由としては、四十九日法要のとき、相続人も含めて遺族が一同に集まる良い機会だということもあります。

もちろん四十九日までは家賃を支払わなければいけないことは間違いないですが、遺品整理の際の相続間のトラブルを避ける意味でも、四十九日は絶好の遺品整理の時期となります。

時期2 – 新しい家賃が発生する時期までに遺品整理をする

賃貸の場合には、当然のように賃料が一定期間ごとに発生してきます。

遺品整理の時期は、四十九日を待たずとも新しい家賃が発生する前までに遺品整理を行い、退去するという人もいます。

時期3 – 手続きが終わってから遺品整理をする

人が亡くなったあとは、健康保険や年金、公共料金、相続などの手続きが必要となっており、遺族はその対応で大忙しとなります。

遺品整理の時期は、そんな手続きがすべて終わってからという方がいます。

時期4 – 心の整理がついてから

四十九日が過ぎたとしても、まだ心の整理がついておらず、遺品整理をする気になれないという方がいらっしゃるのは事実です。

亡くなった方が大切な人であればあるほど、心の整理は簡単につけられないでしょう。

遺品整理の時期は、故人の死と向き合えてからという方もいらっしゃいます。

ただし、賃貸ですので、その点はお財布との相談となることは留意しておいてください。

遺品整理の時期〜持ち家の場合〜

持ち家の場合、賃貸の場合とは異なって新しい家賃が発生することは無いため、賃貸と比較すれば自分たちの好きな時を遺品整理の時期として設定することが可能です。

したがって、遺品整理の時期としては、「新しい家賃が発生するまで」を除いて賃貸の場合同様、「四十九日のあと」「手続きが終わってから」「心の整理がついてから」の3パターンが考えられるでしょう。

ただし、もし持ち家を解体するなどの特別な事情があって期限が決まっている場合には、遺品整理の時期をその時までに設定する必要があるでしょう。

遺品整理の時期が来たらどうすべき?

遺品整理の時期

遺品整理の時期が来たら、自分たちで遺品整理を行うのと、業者に依頼して行ってもらうのは、どちらが良いのでしょうか?

ここでは両者のメリットとデメリットについてお伝えします。

遺品整理を自分たちで行う

時期が来た時に自分たちで遺品整理をする場合から見ていきましょう。

遺品整理を自分たちでやるメリット

遺品整理の時期が来た時に、遺族が遺品整理を行うメリットとしては、故人との思い出を感じて昔を懐かしんだり、死を受け入れて前向きになることができるという点です。

写真やアルバム、故人の作品物、衣服など、生きている間はあまり気にかけなかったものが、亡くなった途端に特別なものに見えてきます。

遺品整理を自分たちでやることで、改めてその故人と向き合うことができるのです。

遺品整理を自分たちでやるデメリット

一方のデメリットとしては、遺品整理の時期をある程度の長期間で捉える必要があります。

粗大ごみが出た場合には、当日捨てることはほとんど場合にはできず、一度自分たちで引き取って、粗大ごみの手続きをしてからでないと処分できません。

またテレビや冷蔵庫、洗濯機、エアコンのようなものは家電リサイクル法の対象となっているため、小売店で引き取って貰う必要があります。

故人の住んでいた部屋や家までの交通費や遺品整理のための時間、遺品を処分するのであればその処分費用などがかかってきます

そういった大変さ、面倒くささがあるのが自分たちで遺品整理を実施する場合のデメリットです。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者に依頼する

次に遺品整理業者に依頼する場合を見ていきましょう。

遺品整理の時期が来た時に、業者に依頼するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょう?

遺品整理を遺品整理業者に依頼するメリット

遺品整理の時期が来た時に、遺品整理業者に遺品整理を依頼するメリットとしては、簡単で楽という点が挙げられるでしょう。

遺品整理当日に立ち会いたく場合には立ち会う必要もありませんし、解体作業や特殊清掃のような特別な作業を必要としない限りは、1日もあれば作業が終わります。

遺品の処分に関しても、遺品整理業者が勝手にやってくれるため気にする必要もありません。

遺品整理業者に依頼するデメリット

一方のデメリットとしては、お金がかかってしまう点トラブルに巻き込まれてしまう可能性がある点です。

下記が遺品整理業者に依頼する場合の相場観ですが、どうしても費用がかかってしまいます。

部屋の広さ 料金の相場
1R 35,000〜130,000円
1DK 35,000〜150,000円
1LDK・2DK 60,000〜280,000円
2LDK・3DK 90,000〜300,000円
3LDK・4DK 150,000〜700,000円
4LDK・それ以上 170,000〜800,000円
関連記事:遺品整理の費用・料金相場について詳しく知りたい方はこちら
遺品整理の料金を徹底解剖!

遺品整理を上手く行うには?

遺品整理は、自分たちで行っても遺品整理業者に依頼しても、メリットとデメリットの両方あることが理解いただけたと思います。

遺品整理を上手く行うコツは、自分たちで行うことと遺品整理業者に依頼することを組み合わせることです。

つまり、故人の大事なものや相続の対象なものについては自分たちでまずは整理してしまい、残ったものを遺品整理業者に依頼するのです。

こうすることで、故人と向き合う時間が取れるのと同時に、不要な遺品の処分については遺品整理業者が行ってくれるので、ということができます。

遺品整理の料金は処分する遺品の量に比例して高くなってくるので、自分たちでまず遺品整理を行うことによって、遺品整理業者に依頼したときの金額を下げることができるのです。

遺品整理を依頼する時は、遺品整理の時期を設定し、自分たちで行うことと遺品整理業者に依頼することの2つを組み合わせるというのを一度検討してみてください。

遺品整理の料金の決まり方を理解しておく

遺品整理の時期が来たら、遺品整理業者に依頼するよりも、事前に遺品整理の料金の決まり方を理解しておく方が、「いざ!」という時にバタバタせずに済みます。

物量で決まる遺品整理の料金

遺品整理業者はどのような点から料金を算出しているのでしょうか?

実は遺品整理の料金の決まり方は、「物量」なのです。

遺品整理の料金を決める1立米とは?

1立米

上記の図は、1立米(「りゅうべい」と読みます)を示したものです。縦横高さがそれぞれ1mの立方体を1立米といいます。

この1立米の立方体が、部屋に何個あるのか?を知ることができれば、遺品整理の概算が出るのです。

1立米から分かること

1立米から遺品整理の料金が算出できるとお伝えしましたが、具体的にはどういう事なのでしょうか?

実は、遺品整理の料金は「1立米あたり、1〜2万円」が相場なのです。この料金の中には、処分料金、車両費、人件費が含まれています。

したがって、遺品整理をしたい部屋にどれくらいの立米の物があるのかが分かれば、その数字に「1〜2万円」を掛けることで遺品整理の料金を算出できるということです。

実際に遺品整理の料金を計算してみる

間取り

それでは実際に計算をしてみましょう。

この6畳の部屋は少し散らかっていて、平均すると50cmまで物が積み上がっているとします。

玄関やクローゼットには何も物が入ってないとすると、遺品整理の料金はいくらになるのでしょうか?

6畳のお部屋は平米にすると約11平方メートルです。その部屋に50cmのものが積み上がっているので、計算式は「11平方メートル×0.5m」となります。

そうすると「5.5立米」という計算結果が導き出せるので、この部屋の遺品整理の料金は「5.5立米×1〜2万円=5.5万円〜11万円」という事になります。

もちろん、今回は簡単にするために散らかった部屋を想定しましたが、箪笥が3竿しかない部屋であれば、箪笥の縦横高さを測れば立米が計算できます。

あくまで目安だと考えて、自分で計測してみると遺品整理業者にお見積りしてもらった時に、自分の想定とどれくらい離れているのか分かります。

遺品整理業者に依頼するときには相見積もりを取る

遺品整理ドットコムを利用する主婦

全国に遺品整理業者は9,000社あると言われています。その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの悪質な業者がいます。

ここでおすすめしたいのが相見積もりを取ることです。相見積もりとは、複数の業者に同じ条件で見積もりを取ってもらい、それを比較することです。

しかし、見積もりには遺品整理業者の下見が必要になり、その下見には1時間ほどかかります。一般的に相見積もりは3社が適切と言われているので、3時間も下見に費やさなくてはなりません。

この相見積もりの問題を解決したのが遺品整理ドットコムです。この記事を執筆している遺品整理ドットコムでは業界初の1回の下見で相見積もりが取れるサービスを提供しているので、通常3時間かかっていた下見がたった1時間で済みます。

また、登録されている遺品整理業者は、遺品整理ドットコムのスタッフが1社1社面談をして厳選しており安心です。

問い合わせや下見、見積りはすべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。

「遺品整理の時期で押さえておくべきポイント」まとめ

遺品整理の時期

いかがだったでしょうか?今回は遺品整理の時期について押さえておくべきポイントを紹介してきました。

遺品整理自体、一生に一度するかどうかのイベントなので、遺品整理の時期について悩むのは誰にでもあることです。

遺品整理は故人と向き合う大切な機会ですが、自分たちだけで遺品整理をするのだと考える必要はありません。上手く遺品整理業者を活用して、安らかに故人を見送れるようにしたいですね!

記事を読んで遺品整理に関してもっと知りたい!と思った方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

遺品整理ドットコム
ライフエンディングに関する情報を発信している「遺品整理ドットコムブログ」の運営元の遺品整理ドットコムです。遺品整理ドットコムでは皆様の整理、片付けのご負担を少なくするサービスを展開しています。遺品整理、生前整理、特殊清掃、ゴミ屋敷、不用品回収に関することはなんでもお気軽にご相談ください!